健康食品・医薬品

明治、理想のパフォーマンスをサポートする「スーパーヴァーム顆粒30袋入」を発売

2019.03.15 12:06 更新

 明治は、理想のパフォーマンスをサポートする「スーパーヴァーム」シリーズから、「スーパーヴァーム顆粒30袋入」を3月18日に発売する。

 昨年のアミノ酸市場規模は約250億円の見込みで、このうちの約40%を顆粒・パウダーの商品が占めているとのこと(同社調べ)。また、「形状別浸透度」として最近3ヵ月飲用率を“間口”、最近3ヵ月平均飲用日数を“奥行”として、各形状の浸透状況を調査したところ、顆粒アミノ酸が最も奥行が深いことがわかった。

 このことからもアミノ酸の顆粒ユーザーは飲用日数が多く、他の商品形状のユーザーより飲用頻度が高いことが考えられるという。このような背景の中、「スーパーヴァーム」シリーズで初となる大容量を発売する。

 パッケージには、VAAMの契約アスリートの大迫傑選手(マラソン)、浅野拓磨選手(サッカー)、石川祐希選手(バレーボール)をデザインすることで、理想のパフォーマンスをサポートする本格感を表現した。

 同商品を発売することによって、アミノ酸ユーザーの一層の拡大と、市場の活性化を図っていく考え。

[小売価格]6000円(税別)
[発売日]3月18日(月)

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ