健康食品・医薬品

グンゼ、オストメイト向け腹帯「やわらかウエストチューブ」をアルケアを通じて販売開始

2019.01.29 20:56 更新

 グンゼは、オストメイト(ストーマ(人工肛門・人工膀胱。手術により腹壁に造設された便や尿の排泄口のこと)を造設した人のこと。オストメイトは、ストーマ装具を腹部に貼り、装具にたまった排泄物を処理し、定期的に装具を貼りかえるというケアを日常的に行う必要がある)向け腹帯「やわらかウエストチューブ」を医療関連製品の製造販売を行うアルケアを通じて1月25日から販売を開始した。

 同製品は、日本製で、メディキュアブランドの医療ルートへの展開強化を目的に、アルケア社向けの専用ブランド「メディプロサポート by メディキュア」として販売するという。はさみでカットしてもほつれない特性を活用して、オストメイトの人が使用する装具を通す穴を自由に作ることができるとのこと。また肌にやさしくフィットする素材は、装具や固定するベルトなどの肌あたりを軽減するだけでなく、摩擦などによる肌への刺激も少なくなるようにしているという。

 グンゼは、QOL向上に貢献する健康関連分野を強化する中で、「衣料から衣療へ」をテーマに医療現場の声から生まれた製品「メディキュア」を2016年から展開している。また、アルケア社も、創業以来「ベストケア創造企業」をビジョンとして掲げ、健康で豊かな医療福祉社会の実現を目指しているという。

 今回は、まずはオストメイト向けの製品から連携をスタートし、オストメイトの人への情報発信や啓発活動などをともに実施することを考えているが、今後は新たな領域へのアプローチや、展開製品の拡大なども視野に入れて連携を進める計画にしており、より健康で豊かなライフスタイルの提供を目指しているという。

[小売価格]2400円(税別)
[発売日]1月25日(金)

グンゼ=http://www.gunze.co.jp/


このページの先頭へ