健康食品・医薬品

アサヒ飲料、機能性表示食品「ウィルキンソン タンサン エクストラ」発売1ヵ月の販売数量が計画比約3倍に

2018.10.31 10:06 更新

 アサヒ飲料は、同社が9月4日に発売した「ウィルキンソン タンサン エクストラ」の発売後1ヵ月の販売数量が35万箱となり、計画比の約3倍となったことを発表した。30~40代の女性を中心に食中の飲用機会が拡大したことが好調の要因だという。販売好調に伴い、アサヒ飲料LINE公式アカウントで、「LINEマンガコイン必ずもらえるキャンペーン」を11月6日から開始する。

 「ウィルキンソン タンサン エクストラ」は、脂肪の吸収を抑える機能がある難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品となっている。食事と一緒に炭酸水を楽しむスタイルが拡大していることに着目し、より多くの消費者に食中に炭酸水を楽しんでもらうために発売した。アサヒ飲料では引き続き、同キャンペーンを中心とした広告販促活動に取り組むことで購買喚起を図り、年末のクリスマスや忘年会シーズンに向けた食中での飲用機会の拡大を目指していく考え。

 「ウィルキンソン タンサン エクストラ」は同社が実施した飲用シーンの調査によると、「ウィルキンソン タンサン」に比べ、朝・昼・夜などランチを中心とした食中での飲用意向が高いことがわかっているという。炭酸水を週2本以上飲用する女性が増えていることに着目し、女性を中心に支持の高いシシド・カフカさんを起用した食連動のTV-CMを放映し、話題喚起を図るとともに、女性の飲用機会の拡大に繋がっていると分析している。

アサヒ飲料=http://www.asahiinryo.co.jp/


このページの先頭へ