健康食品・医薬品

エステー、温熱シート「On Style おしり41℃」と「On Style おなか40℃」を発売、「冷え」に悩む働く女性をサポート

2018.09.05 18:20 更新

 エステーは、従来の寒さ対策とは異なり、“冷え”をテーマに働く女性の毎日をサポートする新ブランドとして、「On(オン) Style(スタイル)」を立ち上げる。専用ざぶとんの中に専用温熱シートを入れて敷くだけで、すぐにおしりが温まる「On Style おしり41℃ 本体」、「同 とりかえ」と薄型の温熱シートでおなかや腰を約40℃の温かさで温める「On Style おなか40℃」を9月12日から順次、全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどで発売する。どちらの「On Style」とも温かさは12時間持続する。

 「On Style」は、「冷えた体を温めて、いつもの自分でいられる」という新しい価値を提供する新ブランドとのこと。女性が“自分らしく”働けるように、いつもの自分を取り戻せるような商品を展開する。そして商品を使用することによって働く女性が冷えからくる体の違和感から解放されて理想の自分らしく、前向きに過ごせるようにサポートする。

 ブランド名には、「Styleを崩さず、体を温(On)。固まった体と心をOnにして、いつものStyleに」という意味が込められており、従来の寒さ対策とは違い、冷えに悩む女性に寄り添う新しいタイプの温熱商品としてブランド展開する。

 「On Style おしり41℃ 本体」は、専用ざぶとんに専用温熱シートをセットして敷くだけでおしりを温める。専用温熱シートは早く温度が上がる設計で、すぐにおしりを温め、12時間にわたり約41℃を持続する。秋から冬のお風呂の快適温度(40~42℃)から、41℃の温度を採用している。専用温熱シートを「同 とりかえ」に交換することで、繰り返し使うことができる。

 「On Style おしり41℃ 本体」は専用ざぶとん1枚と専用温熱シート1枚入りで、「同 とりかえ」は専用温熱シート6枚入りとのこと。専用ざぶとんは、内側にウレタン素材を採用し保温性を高めている。A4サイズの北欧風デザインで、ひざの上に置いても使えるとのこと。

 パッケージは、ターゲットとなる20代から30代の女性に向けて、人物を写真にすることによって、使い方だけでなく明るく前向きになった姿を表現している。また、イラストを組み合わせることによって、楽しさや温かさを表現している。
 「On Style おなか40℃」は、おなかを温める専用の処方で、平均温度約40℃の温かさが女性のおなかを12時間にわたり、やさしく温め続ける薄型の温熱シート(医療機器)。インナーの外側に貼るタイプで、冬は温かく、夏でも快適に使える温度なので、年間を通して冷え対策として使用することが可能となっている。発熱部は身体のラインにフィットするよう三分割し、3mmの薄くて軽い形状のため、着けていることが気にならないという。また、不織布は薄いピンクとなっているとのこと。商品を使用することで、血行をよくし、神経痛、筋肉痛の痛みを緩解し、胃腸の働きを活発にする効能効果があるという。

 パッケージは、「On Style おしり41℃」と同様、イラストのオフィスを背景に写真の女性を組み合わせることで、明るく前向きなイメージを表現している。

 冷えに関する調査によると、「冷え性だと思う」と回答した女性は、20代、30代で7割(とても思う+思う)を超え、多くの若年層の女性が冷えの悩みを抱えていることが分かっている(マイコール調べ)。また、冷える部位については足や手などに続き、下腹部やおなか、お尻などが挙げられている。一方、2016年度の労働力人口総数に占める女性の割合は43.4%(総務省「労働力調査」)と女性の社会進出が進み、オフィスで働く女性が増える中、冷えに悩む女性にとって、オフィスは「厚着ができない」、「エアコンの調整ができない」といったことから温度を調整しにくい環境となっており、自分で冷えを解消しづらくなっている。また、おしりなどの下半身が冷えて仕事に集中できないという悩みや、冷えによってお腹が痛くなるという不安が生じ、体も気持ちも沈んだ状態となっていることもエステーの調査などから分かっている。これらを解消し、いつもの自分に戻れるような専用の温熱商品として「On Style おしり41℃」と「On Style おなか40℃」を開発した。
[小売価格]
On Style おしり41℃ 本体:861円前後
On Style おしり41℃ とりかえ:267円前後
On Style おなか40℃:537円前後
[発売日]9月12日(水)

エステー=http://www.st-c.co.jp


このページの先頭へ