健康食品・医薬品

アサヒ飲料、機能性表示食品「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」PET100mlなど発売

2018.02.02 18:06 更新

 アサヒ飲料は、「カルピス」由来の乳酸菌科学シリーズから、機能性表示食品「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」PET100mlを3月6日から、「『届く強さの乳酸菌』100」PET100mlを4月3日から発売する。

 「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」PET100mlは、乳酸菌飲料「カルピス」の素となる「カルピス酸乳」から発見された乳由来の成分「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)を含む、血圧が高めの人に適した機能性表示食品とのこと。発酵乳仕立てのやさしい味わいの飲みきりサイズで、日常生活に取り入れやすく、おいしく、手軽に続けやすい乳性飲料となっている。「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)には血圧が高めの人の血圧を低下させる機能が報告されている。

 「アミール」ブランドは、1997年に発売した特定保健用食品「カルピス酸乳/アミールS」を中心に、血圧を意識する消費者がそれぞれの生活に合わせて手軽に「ラクトトリペプチド」を取り入れてもらえる様々な商品を提供しており、今年で21年目を迎える。今回発売する、「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」は、より身近で気軽に手にとってもらえる様、継続しやすい容量と酸味を抑えたやさしくまろやかな味わいの機能性表示食品として、新たにラインアップに追加した。

 「『届く強さの乳酸菌』100」PET100mlは、「カルピス」由来の長年の乳酸菌研究から選び抜かれた「プレミアガセリ菌CP2305」(L.gasseri CP2305)を含む、腸内環境の改善に役立つ機能性表示食品となっている。日常生活に取り入れやすい飲みきりサイズで、健康を気づかう人にもうれしい脂肪分ゼロの乳性飲料とのこと。「プレミアガセリ菌CP2305」(L.gasseri CP2305)菌体は、摂取することによって、腸における有用菌が増加し腸内細菌のバランスが改善される。それによって、有用菌による有機酸(短鎖脂肪酸)産生量が腸管内で増加し、有害菌(腐敗菌)の増殖を抑制、腸内腐敗産物が減少すると考えられる。また、有機酸が腸管を刺激することで、排便回数、排便習慣および便性状が正常化されると考えられるという。

 「届く強さの乳酸菌」は、2014年から200mlPETで発売、2016年には機能性表示食品として届出を行い、“腸内環境改善”という機能訴求を強化した。“腸、腸内環境”への注目が高まり、整腸市場自体の拡大も続く中、今回容量をより継続しやすい100mlPETボトルに変更、200mlPETボトルと同量の「プレミアガセリ菌CP2305」を含み、より飲みごたえのあるしっかりとした味わいにしたという。

 今回新たに発売した「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」PET100ml、「『届く強さの乳酸菌』100」PET100ml、昨年9月に発売した「守る働く乳酸菌」PET100mlの3品を、“「カルピス」由来の乳酸菌科学”100mlシリーズとして積極的な広告・販促活動を行っていくとのこと。伝統と信頼感を持つ「カルピス」を由来とする研究から見出された“確かな機能感”と“信頼できるおいしさ”を、シリーズ全体で訴求し、機能系乳酸菌ドリンク市場における認知度と存在感の向上を目指すという。

 「カルピス」由来の乳酸菌科学シリーズは、毎年拡大を続ける乳酸菌活用商品市場の中で着実に成長し、2017年も販売数量で前年比115%と伸長しているとのこと。アサヒ飲料は、今後も消費者の健康ニーズの拡大をチャンスと捉え、「カルピス」に由来する乳酸菌の研究成果を活用し、健康に関わる社会課題への貢献を通じたスピーディな事業拡大を目指していく考え。

[小売価格]各128円(税別)
[発売日]
「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」PET100ml:3月6日(火)
「『届く強さの乳酸菌』100」PET100ml:4月3日(火)

アサヒ飲料=http://www.asahiinryo.co.jp


このページの先頭へ