健康食品・医薬品

第一三共ヘルスケア、処方強化したしみ・そばかす対策薬「トランシーノ ホワイトCクリア」を発売

2017.11.13 13:19 更新

 第一三共ヘルスケアは、2018年1月22日に、肌の内外から総合的にしみをケアできるトランシーノブランドから、処方強化したしみ・そばかす対策薬「トランシーノ ホワイトCクリア」(OTC医薬品:第3類医薬品)をリニューアル発売する。

 また同時に、薬用スキンケアシリーズのラインアップ強化として、UVケアアイテム「トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム」「トランシーノ薬用UVパウダー」(いずれも医薬部外品)を新発売する。

 今回発売する内服薬「トランシーノ ホワイトCクリア」は、多くの消費者から支持を得ている従来品の処方にニコチン酸アミド(ビタミンB3)を追加配合し、リニューアルするもの。これによって、しみ・そばかすのもととなるメラニンの生成を抑制して排出を促すL-システインを最大量(OTCビタミンC主薬製剤としてL-システインを最大量240mg配合(11月13日現在))配合した特長はそのままに、肌の新陳代謝の正常化を促すビタミンが3種から4種に強化された。さらに、従来品から有効成分の含有量を減らすことなく、成人1回あたりの用量を3錠から2錠とし、服用のしやすさも追求した。

 また、薬用スキンケアシリーズのラインアップに加わる「トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム」(SPF50+、PA++++)は、美白有効成分トラネキサム酸を配合したCCクリーム。忙しい朝の手入れに適した5つの機能(美白・乳液・日焼け止め・化粧下地・色補正)を備え、紫外線のみならず大気汚染物質等による肌への影響に着目した処方を特長としている。一方、「トランシーノ薬用UVパウダー」(SPF50、PA++++)は、複数の機能性パウダーにより肌の色むらや凹凸をカバーし、透明感のある肌を保ちながら、肌荒れを防ぐスキンケア効果を併せ持っている。両品目ともに紫外線を強力にカットしつつ、瞬時に明るく美しい肌に仕上げ、使い続けることで理想の肌に導く機能性を実現した。

 今年9月に誕生10周年を迎えたトランシーノブランドは、内服薬と薬用化粧品をそろえ、本格的なしみのケアを望む消費者に新たな価値を提供してきた。同社は引き続き、しみのケアにおける現代の環境やニーズに即した製品の開発を通じて、QOL(生活の質)向上に貢献していく考え。

[小売価格]
トランシーノ ホワイトCクリア
 60錠:1600円
 120錠:2600円
トランシーノ 薬用ホワイトニングCCクリーム:2600円
トランシーノ 薬用UVパウダー:3000円
(すべて税別)
[発売日]2018年1月22日(月)

第一三共ヘルスケア=https://www.daiichisankyo-hc.co.jp


このページの先頭へ