健康食品・医薬品

参天製薬、美しいデザインボトルの一般用点眼薬「サンテ ボーティエ コンタクト」を発売

2017.10.18 19:57 更新

 参天製薬は、10月18日から、世界で活躍するデザイナー・吉岡徳仁氏がデザインを手掛けた、ラグジュアリーで洗練されたボトルの一般用点眼薬「サンテ ボーティエ コンタクト」を、全国の薬局、薬店で発売する。

 「サンテ ボーティエ コンタクト」は、これまでの目薬の概念を変える、ラグジュアリーで洗練されたボトルデザインが特長とのこと。香水瓶のようなデザインは、化粧ポーチの中やオフィスのデスク脇など女性の日常生活に彩りを添え、アイケアに対する意識を自然と高め、持っているだけで特別な気分を得られるという。かつ、コンタクトレンズ装着時の目のターンオーバー(代謝)に着目した処方設計で、コンタクトレンズによる不快感と疲れを癒すとのこと。

 「サンテ ボーティエ」(従来品)は2013年の発売以来、美容感度の高い女性を中心に人気を博しており、ユーザーのコンタクトレンズ装用率は42.1%と、OTC目薬ユーザー平均の34.2%と比較して高くなっているという(2015年参天製薬調べ)。ユーザーのから数多くの要望が寄せられ、今回ソフトコンタクトレンズ対応製品を発売するとのこと。日中、ソフトコンタクトレンズを装着している人でも使用できる。

 「サンテ ボーティエ コンタクト」は、吉岡徳仁氏が手掛けた使いやすくラグジュアリーで洗練されたボトルデザインを採用。メイク崩れがしないよう、点眼しやすい細めのノズルを採用している。コンタクトレンズ装着時の目のターンオーバー(代謝)に着目した処方設計となっている。

[小売価格]1620円(税込)
[発売日]10月18日(水)

参天製薬=http://www.santen.co.jp


このページの先頭へ