健康食品・医薬品

アサヒカルピスウェルネス、「カルピス酸乳」から生まれた機能性表示食品「ラクトウェル」を発売

2017.10.12 19:39 更新

 アサヒカルピスウェルネスは、機能性表示食品「ラクトウェル」(90粒パウチ)を、10月16日から通販チャネル「カルピス健康通販」で発売する。

 「ラクトウェル」は、機能性関与成分「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)を4.8mg(1日分3粒あたり)含む、血圧が高めの人に適したサプリメント。「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)は、乳酸菌飲料「カルピス」の素となる発酵乳「カルピス酸乳」から発見された成分だとか。牛乳に含まれるたんぱく質が小さく分解された乳由来のペプチドで、VPPとIPPという2種類のペプチドから成っている。「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)は、血圧が高めの人の血圧を低下させる機能があることが報告されている。

 アサヒカルピスウェルネスでは、1919年に発売された乳酸菌飲料「カルピス」の研究に由来する独自の素材や技術を活用した健康食品を、通販チャネル(「カルピス健康通販」)限定で販売している。今後も、乳酸菌や酵母などの有用な微生物活用を通して、人々の健康的な暮らしと生活の質の向上に貢献する商品の開発に取り組んでいく考え。

[小売価格]4200円(税込)
[発売日]10月16日(月)

アサヒカルピスウェルネス=http://www.asahicalpis-w.co.jp


このページの先頭へ