健康食品・医薬品

ライオン、機能性表示食品「グッスミン GABAのちから」をリニューアル発売

2017.10.11 16:23 更新

 ライオンは、「健やかな眠り(寝つきの向上)」に役立つことが報告されている機能性関与成分GABA配合の清涼飲料水「グッスミン GABAのちから」(100mL×30本 約30日分)を機能性表示食品として10月11日出荷分から、通信販売限定で改良発売する。

 厚生労働省が推進する「健康日本21」では、食生活の管理や適度な運動とともに「質の高い休養(睡眠)」を推奨している。さらに、睡眠の質の状況に関する調査(平成27年 国民健康・栄養調査(厚生労働省)「睡眠の質」に関する調査を参照。「あてはまるものが無い(31.5%)」に基づき算出)によると、睡眠に何らかの不具合を感じている人は約68%におよび、その中でも「寝つきに時間がかかる」ことを挙げる人は全体の約14%となり、健やかな入眠への要望は多いと考えられる。

 同社は今回、機能性関与成分として、健やかな眠り(寝つきの向上)に役立つことが報告されている「GABA」を配合した清涼飲料水「グッスミン GABAのちから」を機能性表示食品として10月11日出荷分から改良発売する。

 同社は、「グッスミン GABAのちから」の発売によって、“睡眠の質向上”を表示した錠剤タイプの機能性表示食品「グッスミン 酵母のちから」とともに、睡眠から起床までトータルサポートする睡眠ブランドとして「グッスミン」を育成していく考え。

[小売価格]5143円(税別)
※定期お届けコース:4628円(税別)
[発売日]10月11日(水)

ライオン=http://www.lion.co.jp/ja/


このページの先頭へ