健康食品・医薬品

森永乳業、機能性表示食品「ビヒダス のむヨーグルト/のむヨーグルト 脂肪ゼロ」などリニューアル発売

2017.09.07 15:31 更新

 森永乳業は、「ビフィズス菌BB536」を配合した「ビヒダス ヨーグルト」から、「ビヒダス のむヨーグルト/のむヨーグルト脂肪ゼロ」を9月19日に、 「ビヒダス ヨーグルト ピーチミックス+オレンジ 4ポット」を10月3日に発売する。また、「ビヒダス ヨーグルト」シリーズを、10月2日週から順次、「森永ビフィズス菌ロゴ」をあしらったデザインにリニューアルする。

 人間の腸内には数百種類、百兆個以上もの細菌が棲んでいるが、その中でもビフィズス菌は健康のために働く善玉菌の代表格で、大腸内の悪玉菌の増加を抑え、腸内の環境を整える。

 森永乳業は、1969年に健康な乳児から「ビフィズス菌BB536」を発見するなど、長年にわたって、ビフィズス菌、腸内フローラの研究に取り組んできた。同社独自の「ビフィズス菌BB536」は、他のビフィズス菌に比べ、酸や酸素に強く、生きたまま大腸に到達できる菌となっている。「ビヒダス ヨーグルト」には、この「ビフィズス菌BB536」を配合している。

 今回、ビフィズス菌研究のパイオニアとして、ニッポンの腸内フローラに貢献するシリーズ「森永ビフィズス菌」ブランドを立ち上げ、ビフィズス菌入りの商品であることが一目でわかるよう、「森永ビフィズス菌」ロゴを作成した。

 機能性表示食品「ビヒダス のむヨーグルト」、「ビヒダス のむヨーグルト脂肪ゼロ」は、酸味を抑えたまろやかな味わいののむヨーグルトで、「ビフィズス菌BB536」がおなかの調子を整える。「ビヒダス ヨーグルト ピーチミックス+オレンジ 4ポット」は、アソートタイプのフルーツヨーグルトで、ピーチミックスとオレンジ2つの味を楽しめる。

 「ビヒダス ヨーグルト」シリーズを食べて、腸内フローラのケアに役立ててほしい考え。

 「ビヒダス のむヨーグルト」は、酸味を抑えたまろやかな味わいののむヨーグルトで、「ビフィズス菌 BB536」を活きいきした状態で保つ。「ビフィズス菌 BB536」がおなかの調子を整える機能性表示食品となっている。

 「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ」は、酸味を抑えたまろやかな味わいの無脂肪タイプののむヨーグルトで、「ビフィズス菌 BB536」を活きいきした状態で保つ。「ビフィズス菌 BB536」がおなかの調子を整える、機能性表示食品となっている。

 2品ともに、一日当たりの摂取目安量と摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量150g当たり20億個とのこと。利便性の高いキャップ付き新容器を採用。“キャップ付きで「衛生的」”、“軽いチカラで「開けやすい」”、“手にフィットして「持ちやすい」”、“注ぎ口が広くて「注ぎやすい」”容器となっている。

 「ビヒダス ヨーグルト ピーチミックス+オレンジ 4ポット」は、生きて腸まで届く、「ビフィズス菌 BB536」入りの4ポットヨーグルト。低脂肪タイプのヨーグルトに人気のフルーツを合わせた。「ピーチミックス」2つと「オレンジ」2つのアソートタイプとなっている。

[小売価格]
ビヒダス のむヨーグルト:210円
ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ:210円
ビヒダス ヨーグルト ピーチミックス+オレンジ 4ポット:250円
(すべて税別)
[発売日]
ビヒダス のむヨーグルト:9月19日(火)
ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ:9月19日(火)
ビヒダス ヨーグルト ピーチミックス+オレンジ 4ポット:10月3日(火)

森永乳業=http://www.morinagamilk.co.jp


このページの先頭へ