健康食品・医薬品

江崎グリコ、機能性表示食品「LIBERA<ビター>」を発売

2017.09.11 16:06 更新

 江崎グリコは、チョコレートカテゴリー初の機能性表示食品「LIBERA<ミルク>」に続き「LIBERA<ビター>」を9月12日から発売する。

 「LIBERA<ミルク>」は、チョコレートカテゴリー初の機能性表示食品として昨年3月に発売して以来、健康に配慮した商品性に対し、多くの消費者に支持を得た。かねてから、甘味を控えたものを商品化してほしいという要望が多数あり、加えて、健康志向の消費者はミルクチョコと同等にビター味を好まれる傾向があることから、今回同品を発売することになった。

 「LIBERA<ビター>」は、カカオの香りと豊かな味わいを楽しめると共に、甘さ控えめに仕上げた。「LIBERA」は、一口サイズで食べやすく、コーティングしているので手が汚れないとのこと。昨年3月から発売して1年で、累計出荷数1200万個を突破した。

 「LIBERA」の特長は、昨年3月に発売。糖や脂肪の吸収を抑える機能が報告されている難消化性デキストリンを配合した。アイボリーを基調とし女性ユーザーを意識した温かみのあるパッケージデザインで、手にチョコの汚れが付きにくい形状にするなどの工夫によって、オフィスや外出先でも手軽に楽しめるとのこと。

 「LIBERA<ビター>」は、ひとくちサイズで食べやすく、コーティングしてあるので、手が汚れないという。カカオの香りと豊かな味わいが楽しめるビター味となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月12日(火)

江崎グリコ=https://www.glico.com/jp/


このページの先頭へ