健康食品・医薬品

雪印ビーンスターク、大人のための粉ミルク型サプリメント「プラチナミルク」を発売、母乳研究と乳幼児用粉ミルクの研究で培った開発力により生まれた新カテゴリー

2017.08.22 20:44 更新

 雪印ビーンスタークは、大人のための美味しい粉ミルク型サプリメント「プラチナミルク」を、9月1日から順次発売する。8月22日に行われた新商品発表会では、大人向け粉ミルクを開発した背景や、商品の特徴などについて発表した。

 「当社では、乳幼児用粉ミルクを販売しているが、子どもではなく大人が飲んでいるとの声が寄せられたり、大人が粉ミルクを飲んでも問題ないか、などの問い合わせがある」と、雪印ビーンスターク 研究開発部の河内慶子氏が挨拶。「そこで、大人を対象に調査をした結果、“総合的に栄養がとれるから”“体に良さそうだから”といった理由で、乳幼児粉ミルクを利用している人がいることがわかった」と、大人も粉ミルクを飲用したいというニーズがあることが明らかになったという。「当社では、90年以上にわたり、乳を研究してきた。また、母乳やその栄養についても長く研究し、様々な報告を行ってきた。これらの研究の結晶として、粉ミルクを開発し販売している。そして、今回、これまでの研究成果を大人用粉ミルクに応用することで、商品化を図った」と、長年の研究によって培われてきた知見から、新たなカテゴリーの商品を上市することができたのだと胸を張る。

 「母乳は人間のためのものだが、牛乳は牛のためのものである。粉ミルクは、牛乳を母乳に近づけるようにして製品化している。今回の大人用粉ミルクでは、母乳にあって牛乳にないもの、牛乳にあって母乳にないものを詰め込んだ商品となっている」と、母乳と牛乳のよい部分を詰め込んだ商品を開発したのだと語気を高める。「そして、今回誕生したのが、大人用粉ミルク『プラチナミルク』となる。この商品には、現代人が不足しているといわれている栄養素のビタミン、ミネラルを加えた。これによって、牛乳よりも栄養が豊富な商品となっている」と、大人にとって足りない栄養素を効率よく摂取できるのが「プラチナミルク」なのだと説明する。「簡単な朝食に『プラチナミルク』をプラスするだけで、栄養バランスをアップさせることができる」と、パンと卵とコーヒーという朝食に、「プラチナミルク」を加えるだけで、朝食で必要な栄養を上手く補給することができるのだという。「また、粉なので簡単に料理に加えることも可能だ」と、様々なメニューに加えるだけで、栄養バランスをアップしてくれる優れものなのだと教えてくれた。

 「『プラチナミルク』では、今回3アイテムをラインアップした。『プラチナミルク for バランス』は、11種のビタミンと8種のミネラルに加えて、DHAやたんぱく質を補給することができる。やさしいミルク味なので、牛乳の代用として活用することができる」と、大人用粉ミルクとして、様々シーンで活用できる商品なのだと教えてくれた。「『プラチナミルク for パワー』は、カルシウム、ビタミンDに加えて、HMBを配合した。HMBは、筋肉の材料となる成分のひとつに、必須アミノ酸であるロイシンがあるのだが、このロイシンから体内で作られる成分を指す。HMBがいつまでも活動的に動ける体に導いてくれる」と、アクティブに活動したい人に向けた商品とのこと。「抹茶ミルク味なので、美味しく続けられる」と、味にもこだわった商品なのだと話していた。

 「『プラチナミルク for ビューティー』は、美容サポート商品となっている。私たちの肌の角質にあるセラミドは年齢とともに減少する。ミルクには、美容に役立つミルクセラミドが含まれていることから、これを活用する製品として展開する」と、セラミドを補う商品なのだと解説。「ミルクセラミドに加えて、コラーゲンペプチドも配合。さらにローヤルゼリーや4種のビタミンも配合した」と、女性に嬉しい成分が豊富に配合されているとのこと。「ポタージュ風味なので、手軽に楽しめる」と、毎日飲用しても飽きない味わいに仕上がっていると説明していた。

 なお、同品は大人向け市場に明るい、ピップとの共同取り組みによって販売を行うとのこと。店頭販売は9月からを予定しており、自社WEBサイトでは9月1日から販売を開始する。

[小売価格]各2400円(税別)
[発売日]9月1日(金)から順次

雪印ビーンスターク=http://www.beanstalksnow.co.jp



このページの先頭へ