健康食品・医薬品

森永製菓、機能性表示食品「おいしい青汁」飲料タイプを通信販売「天使の健康」限定で発売

2017.06.09 20:31 更新

 森永製菓は、3つの機能性を持つ機能性表示食品「おいしい青汁」を、7月3日から通信販売「天使の健康」限定で発売する。

 「おいしい青汁」は、長野県産ケールをはじめ、明日葉、ブロッコリー、人参など9種の国産野菜とりんご果汁でおいしく仕上げた青汁飲料となっている。1本当り65gの野菜、5.6gの食物繊維を含むため、野菜不足・食物繊維不足を手軽に補うことができる。また、食塩、香料は一切使用していないという。また、難消化性デキストリンを配合した。

 通販市場において、青汁は粉末タイプを中心に根強い人気を持つ商品とのこと。同社は、おいしさ、手軽さ、そしてわかりやすい機能を持った飲料タイプの「おいしい青汁」を発売することで、青汁市場をさらに盛り上げていくという。

 難消化性デキストリンとは、トウモロコシ由来の水溶性食物繊維で、1日5g摂取することで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする、食事から摂取した糖の吸収をおだやかにするため、食後の血糖値の上昇をおだやかにする、おなかの調子を整える--はたらきがあることが報告されている。

 機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品とのこと。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたものだという。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではないとのこと(消費者庁HPから)。

[小売価格]4860円(税込)
[発売日]7月3日(月)

森永製菓=http://www.morinaga.co.jp


このページの先頭へ