健康食品・医薬品

イトーヨーカドーがスーパー大麦「バーリーマックス」を使用した16商品を発売、ニーズに合わせて選べる幅広いジャンルの商品をラインアップ

2017.04.05 10:25 更新

 スーパー大麦素材事務局は、全国のイトーヨーカドーにおいて、スーパー大麦「バーリーマックス」を使用した16商品を4月3日から発売すると発表した。同日には、東京・イトーヨーカドー アリオ北砂で、新商品発表&試食販売会が開催され、注目の新商品として、「スーパー大麦ホットケーキミックス」(森永製菓)、「スーパー大麦 ポリンキー BLT味」(湖池屋)、「カントリーマアム クリスピー(スーパー大麦)」(不二家)、「スーパー大麦と乳酸菌のチカラ」(ファイン)の4商品について、各社の担当者が商品特長を紹介した。

 スーパー大麦「バーリーマックス」は、オーストラリア連邦科学産業研究機構が、10年の歳月をかけて品種改良を行い、開発した非遺伝子組み換え大麦。食物繊維の量がとても豊富で、一般の大麦に比べて2倍、玄米に比べて約7倍、白米に比べて40倍以上の総食物繊維量を含んでいる。また、βグルカン、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)、フルクタン、アラビノキシランの4種類の食物繊維を含んでいるのも特長で、中でも、レジスタントスターチは、腸内細菌のエサとなり、短鎖脂肪酸の産生に関与していることが近年の研究により明らかになっているという。スーパー大麦「バーリーマックス」には、一般の大麦に比べて4倍のレジスタントスターチが含まれており、細胞壁を構成する不溶性および水溶性食物繊維に囲まれた構造をとることで、消化酵素による分解を受けにくくなり、大腸の奥まで届くことが期待されている。

 今回、イトーヨーカドーでは、スーパー大麦「バーリーマックス」を使用した16商品を取り扱うことを決定。イトーヨーカドー限定商品として、「ベビースターラーメン バーチキン味 バーリーマックス配合」(おやつカンパニー)、「スーパー大麦が入った たべっ子どうぶつおやさい6P」(ギンビス)、「カントリーマアム クリスピー(スーパー大麦)」(不二家)、「スーパー大麦ホットケーキミックス」(森永製菓)を4月3日から発売した。あわせてイトーヨーカドー先行商品として、「信州戸隠 スーパー大麦そば」(イケガヤ)、「スーパー大麦 食塩無添加 雑穀ミックス」(いなば食品)、「ホワイトチアシード入り バーリーマックス」(小川生薬)、「スーパー大麦 ポリンキー BLT味」(湖池屋)、「スーパー大麦ごはん」(佐藤食品工業)、「スーパー大麦 クランチチョコ オレンジピール/クランベリー」(正栄デリシィ)、「スーパー大麦 バーリーマックス入り青汁 3g×50包」(新日配薬品)、「スーパー大麦と乳酸菌のチカラ 45g/15g×8包」(ファイン)、「スーパー大麦入り 五穀ごはん チーズクリームリゾット/トマトクリームリゾット」(丸美屋食品工業)を発売し、消費者のニーズに合わせて選べるよう幅広いジャンルの商品をラインアップしている。

 新商品発表会では、この16商品の中から、「スーパー大麦ホットケーキミックス」、「スーパー大麦 ポリンキー BLT味」、「カントリーマアム クリスピー(スーパー大麦)」、「スーパー大麦と乳酸菌のチカラ」の4商品をピックアップし、商品特長などを紹介した。

 


 「スーパー大麦ホットケーキミックス」を紹介してくれたのは、森永製菓 マーケティング本部 菓子食品マーケティング部 食品カテゴリーの渡部耕平氏。「当社のホットケーキミックスは、今年で60周年を迎える。この節目となる年に、いままで培ってきた技術を結集して、『スーパー大麦ホットケーキミックス』を開発した。同品にはミックス粉150gが2袋入っており、1袋で直径約13cmのホットケーキを3枚作ることができる。そして、1枚あたりにスーパー大麦を4g配合している」と、製品1箱でスーパー大麦「バーリーマックス」を24g摂取することができると説明した。「スーパー大麦のほのかな香ばしさと、ホットケーキの甘さの相性は抜群で、おいしさの中に健康価値をプラスした全く新しい商品に仕上がったと自負している。ホットケーキだけでなく、蒸しパンやクッキー、ドーナツなど、その日の気分に合わせてアレンジできるのも特長で、パッケージの側面にアレンジメニューを掲載しているので活用してほしい」と、ホットケーキはもちろん幅広いメニューにアレンジできる商品であると訴えた。

 


 「スーパー大麦 ポリンキー BLT味」については、湖池屋 マーケティング本部の加藤俊輔氏が紹介。「ポリンキーは、今年26年目を迎えるロングセラーブランドで、三角形状のサクサク香ばしいコーンスナックとなっている。今回、『スーパー大麦 ポリンキー BLT味』の開発にあたっては、スーパー大麦をスナックとしておいしく楽しめることを心がけた。スーパー大麦の香ばしさに着目し、BLTサンドのようなサクサク食感の香ばしい味わいをポリンキーで再現した」と、おいしさにこだわって商品開発を行ったという。「サクサク食感に加えて、ギュッとつまった、ベーコンのジューシーな旨みがやみつきになる味わいに仕上げた。1袋にスーパー大麦を4g配合しており、美味しく手軽に食物繊維を摂ることができる」と、食物繊維を豊富に含んだ健康志向のポリンキーが完成したと目を細めていた。

 


 「カントリーマアム クリスピー(スーパー大麦)」を紹介したのは、不二家 菓子事業本部 マーケティング本部 マーケティング部 流通企画課の土田恵介氏。「今回の新商品『カントリーマアム クリスピー(スーパー大麦)』は、イトーヨーカドー限定商品として、イトーヨーカドーと一緒になって試行錯誤を繰り返しながら開発を進めていった」と、イトーヨーカドーとの共同開発によって生まれた商品であるとのこと。「定番のビスケット『カントリーマアムブランド』をベースに、スーパー大麦を1枚あたり1g配合し、1袋(8枚入り)で8gのスーパー大麦を摂取できる。品質は、ハードビスケットにすることで、歯ごたえのあるザクザク食感を楽しめるように仕上げた。また、『クランベリー』『りんご』『オレンジ』を配合することで、スーパー大麦の風味を損なわずにフルーティーで食べやすい味わいを実現した。個包装されていて、シェアしやすいので、ぜひ置き菓子として多くの人に楽しんでほしい」と、カントリーマアムとスーパー大麦がベストマッチした商品に仕上がったと胸を張っていた。

 


 最後に、ファイン 広報IT事業部の山本亜弥氏が「スーパー大麦と乳酸菌のチカラ」について紹介してくれた。「『スーパー大麦と乳酸菌のチカラ』は、1日コップ1杯で、内側からのキレイを目指すスムージータイプの粉末ドリンクとなっている。1杯でスーパー大麦を4.5g摂取することができる」とのこと。「また、腸まで生きて届くビフィズス菌20億個と乳酸菌1000億個を配合。2種類の強力な善玉菌の組み合わせによって、腸内バランスを整え、内側からのキレイをサポートする」と、スーパー大麦に加えて2種類の善玉菌を配合している点も特徴であると話していた。「商品開発にあたっては、美腸研究家で“腸美魔女”の柴田薫氏に監修してもらった。『スーパー大麦と乳酸菌のチカラ』を活用して、1日コップ1杯の美容習慣に取り組んでほしい」と、美腸研究家にも認められた美容ダイエットスムージーであるとアピールしていた。

イトーヨーカドー=http://www.itoyokado.co.jp/
イトーヨーカドー スーパー大麦「バーリーマックス」商品サイト=http://www.itoyokado.co.jp/special/barleymax/index.html



このページの先頭へ