健康食品・医薬品

日本ハム、機能性成分「イミダゾールジペプチド」配合の「イミダの力パウダー」を発売

2017.02.15 10:24 更新

 日本ハムは、同社中央研究所(茨城県つくば市)で研究開発を行っている食肉由来の成分「イミダゾールジペプチド」(以下、イミダ)を1包あたり250mg配合した「イミダの力パウダー」を発売する。

 イミダは、動物の筋肉(たんぱく質)に含まれる機能性成分であり、運動パフォーマンスに関与しているといわれている。中央研究所では、鳥が休まず飛び続けられることをヒントに国立スポーツ科学センターや筑波大学等と産学連携で研究をすすめ、2014年には手軽に摂取できる機能性ドリンク「イミダの力」の商品化に成功した(2016年11月リニューアル)。現在では、北海道日本ハムファイターズやJリーグセレッソ大阪などのプロスポーツ選手のほか、東洋大学陸上競技部などトップアスリートの人々からも高い評価を得ている。

 「イミダの力パウダー」は、毎日安心して摂取できるよう、日本ハムが原料から製品まですべての段階で品質管理を徹底し、また、イミダを含むチキンエキスを独自の配合技術によってヨーグルト風味のパウダータイプに仕上げた。機能性ドリンク「イミダの力」同様、トップアスリートから日々をアクティブに活動したい人まで、幅広く役立てることができる。同商品については、日本ハム中央研究所の健康食品・化粧品販売サイト「いいな健康ネット」から購入できる。

[小売価格]3000円(税別)
[発売日]2月15日(水)

日本ハム=http://www.nipponham.co.jp/


このページの先頭へ