健康食品・医薬品

サントリー食品、「伊右衛門 特茶(特定保健用食品)」の累計販売本数が10億本を突破

2016.12.26 12:20 更新

 サントリー食品インターナショナルのサントリー緑茶「伊右衛門 特茶(特定保健用食品)」は販売が好調で、発売からの累計販売本数が今年11月に10億本(500mlペットボトル換算。2013年10月-2016年11月の「特茶 カフェインゼロ」除きの単体・同社実績)を突破した。これは同社のトクホ飲料史上最速となる。

 「伊右衛門 特茶」は、トクホ飲料史上で初めて“脂肪の分解”に着目した、“体脂肪を減らすのを助ける”特定保健用食品として、2013年10月に発売した。すでに体についてしまった体脂肪に働きかけるトクホ飲料のため、食事の際だけでなく仕事中や運動時など様々なシーンでの飲用に適しており、毎日飲み飽きない味わいが特長だ。「気軽に健康を意識して飲んでいる」「お茶として美味しいので、無理せず続けられる」「毎日のパートナーになっている」と好評を得ているという。

 今年8月には「伊右衛門 特茶」ブランドから、カフェインゼロという新たな価値を持った「特茶 カフェインゼロ」を発売した。やわらかな口当たりのブレンド茶で、女性を中心とした多くの消費者に支持を得ている。今後も様々な消費者のニーズに応え、トクホ飲料No.1(インテージSRI・トクホ飲料市場・2015年12月~2016年11月「伊右衛門 特茶」販売金額 業態:スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア計)というポジションをさらに磐石なものとしていきたい考え。

サントリー食品インターナショナル=http://www.suntory.co.jp/


このページの先頭へ