健康食品・医薬品

フジッコ、機能性表示食品「ビーンズキッチン そのままがおいしい 蒸し大豆」を発売

2015.11.17 10:42 更新

 フジッコは、「ビーンズキッチン そのままがおいしい蒸し大豆」について、今年4月1日にスタートした「機能性表示食品制度」に基づき、消費者庁に骨に関する機能性表示を申請し、受理された。同品は、消費者向け大豆加工製品としては、初めての機能性表示食品となる。12月下旬から、パッケージに「丈夫な骨の維持に役立つ」と機能性を表示し、リニューアルする。

 同品は、消費者向け大豆加工製品として初の機能性表示食品とのこと。骨の成分の維持に役立つ機能があることが報告されている、「大豆イソフラボン」が含まれている。丈夫な骨を維持したい人に適した食品だという。

 「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品のこと。今年4月1日から制度が開始した(消費者庁ホームページから)。

 「そのままが美味しい ほっくり蒸し大豆」は、そのままおやつ・おつまみとしても楽しめる。また、サラダやスープの料理に加えるだけで、「大豆イソフラボン」や「食物せんい」を手軽に摂ることができる。北海道産大豆を100%使用。漂白剤・保存料不使用となっている。

[小売価格]140円(税込)
[発売日]12月下旬(順次切り替え予定)

フジッコ=http://www.fujicco.co.jp


このページの先頭へ