健康食品・医薬品

キリンビバレッジ、ホット専用の機能性表示食品「ほっと食事の生茶」を発売

2015.10.21 18:32 更新

 キリンビバレッジは、今年発売15周年を迎えた「キリン 生茶」ブランドから、機能性表示食品で初めて(機能性表示食品の届出情報による)となるホット専用のおいしい本格緑茶「ほっと食事の生茶」を11月10日から発売する。

 近年、消費者の健康意識が高まる中、4月に施行された機能性表示食品制度をきっかけに、消費者の健康ニーズはさらに多様化していくことが想定される。キリングループは、新しい健康価値提案の機会として捉え、特定保健用食品に加えて、機能性表示食品にも積極的に取り組んでいくという。キリンならではの発想と技術を掛け合わせた「イノベーションの力」を結集し、「おいしい」に「健康」をプラスした商品でお客様の健康的なライフスタイルを応援する考え。

 今回発売する「ほっと食事の生茶」は、難消化性デキストリンを配合した、ホットでおいしく飲める本格緑茶となっている。食物繊維である難消化性デキストリンは、「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」「おなかの調子を整える」という3つの機能を持っているとのこと。

 今年6月に機能性表示食品清涼飲料水届出第1号商品として発売した「食事の生茶」に加え、「ほっと食事の生茶」を発売することで、消費者の健康ニーズの高まりにこたえるとともに、緑茶飲料市場をさらに活性化していく考え。

 中味は、コールド品「食事の生茶」のお茶本来の香ばしい甘みを感じる、食事に合う味わいは残しつつ、ホットの緑茶の味覚に合わせて茶葉感をアップした。「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」「おなかの調子を整える」という3つの機能を持つ難消化性デキストリン(食物繊維)を配合した本格緑茶となっている。

 パッケージは、緑茶の茶筒をモチーフにした高級感のあるデザインを採用した。上部の帯で3つの機能をしっかり訴求している。

[小売価格]120円(税別)
[発売日]11月10日(火)

キリンビバレッジ=http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/


このページの先頭へ