菓子・ドリンク

伊藤園、オリジナル自動販売機「お~いお茶 からくりマシーン」を羽田空港第1ターミナル2階出発ロビーに設置

2020.09.18 18:41 更新

 伊藤園は、「お~いお茶」を購入するとからくり装置とデジタル映像が連動して動き、お茶づくりの工程をユニークに表現する、同社初のオリジナル自動販売機「お~いお茶 からくりマシーン」を、9月16日から、国内外の多くの人が行き交う羽田空港第1ターミナル2階出発ロビーに設置した。

 近年は、茶農家の高齢化などによる離農によって、茶園面積が減少傾向となっている。一方同社では、茶農家の安定経営と高品質な茶葉を安定的に調達することを目的とし、「茶産地育成事業」を展開している。なかでも2001年から九州を中心に開始した「新産地育成事業」は、今年8月に日本一の荒茶生産量を誇る静岡県袋井地区でも展開を開始し、全国で6県8地区まで拡大した。全国の茶産地育成事業の茶園面積は今期2000haを突破する見込みとなっている。

 この「お~いお茶 からくりマシーン」は、日本で長く親しまれている緑茶を、国内外の人にもっと深く知ってもらいたいという想いから誕生した。お金を入れて「お~いお茶」を購入すると、からくり装置とデジタル映像が連動して動き、伊藤園オリジナルキャラクターの“お茶の妖精”が、茶畑で茶葉の摘採から殺青(さっせい)・揉む・乾燥・火入れなどの工程を経て、香りと味わいのよい鮮度感のある緑茶ができるまでをユニークに紹介する。

 同社では、日本文化の一つである“お茶”を身近に感じてもらいたいという想いから、店頭やイベント会場において「大茶会」や「おいしいお茶のいれ方セミナー」などを通してお茶文化の啓発活動を行ってきた。今回「お~いお茶 からくりマシーン」を、お茶の啓発活動の新たなコミュニケーションツールとして、多くの人に“お茶”を身近に感じてもらい、「伊藤園」「お~いお茶」のブランド価値向上を目指していく考え。

[自動販売機 概要]
設置場所:日本空港ビルデング 羽田空港第1ターミナル2階出発ロビー
販売製品:お~いお茶 緑茶 500ml 160円(税込)
表示言語:日本語・英語併記
設置日:9月16日(水)

伊藤園=https://www.itoen.co.jp/


このページの先頭へ