菓子・ドリンク

日本コカ・コーラ、「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」を開催、「綾鷹」ブランドアンバサダーの吉岡里帆さんとお笑いコンビ・かまいたちがおうちごはんと「綾鷹」の相性の良さをアピール

2020.08.17 18:32 更新

 現代の食卓は、時代の変化にともない効率化や時短意識が高まり、ゆとりを持ちづらい状況である一方、コロナ禍で、自宅で過ごす時間が増え、食事に対する意識が変化してきている。コロナ禍における、消費者の調査(出典:日本コカ・コーラ調べ、クロス・マーケティング社調べ)では自宅時間が増えることによって、「手の込んだ料理を作るようになった」と感じている人や、60%の人が「外食を控え自炊するようになった」と回答していた。また、25%の人が「ちょっと贅沢な食品や間食用のおやつを買うようになった」と回答し、自宅での食の時間を豊かにするような行動が増え、消費者のライフスタイルに大きな変化をもたらしていることがうかがえる。

 こうした中、緑茶ブランド「綾鷹」は、いつの時代も食べる幸せを引き立ててきた急須でいれたようなお茶の旨みで、いまの時代の食卓を豊かにしたいという思いから、「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」を実施する。8月17日に行われた「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」イベントでは、「綾鷹」ブランドアンバサダーの吉岡里帆さん、特別ゲストとしてお笑いコンビ・かまいたちの山内健司さん、濱家隆一さんが登場。自宅で過ごす時間が長い中、3人が「おうちごはんに欠かせないコト」について語るとともに、「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」を記念し、京都の老舗料亭「一子相伝 なかむら」の中村元計氏が監修した、吉岡さんの「理想のおうちごはん」の中から「新生姜と胡瓜の酢の物」を、吉岡さんが実際に調理した。

 おうち時間について吉岡さんは、「映画やアニメが好きなのでたくさん見たり、自炊したり、今まで出来なかったことをして、ゆったりとした時間を過ごしていた」と、リフレッシュする機会ととらえ、好きなことを好きな時間に楽しんでいたという。

 一方、山内さんは、「おうち時間が増えたことで、家族と過ごす時間が増えたのがすごく嬉しかった」と、仕事に追われてなかなか家族と接する時間が減っていただけに、おうち時間を通じて家族サービスに努めていたと語っていた。濱家さんは、「僕は料理が趣味なので、ちょっと手間をかけて、こだわった食材などを使うようにしていた」と、料理の腕にさらに磨きをかけていたと述べていた。

 では、おうちでの豊かな食卓に欠かせないコトは何なのだろうか。吉岡さんは、「“ゆっくり作って ゆっくり頂く”。仕事をしていると、15分位で食事を済ませてまたすぐに仕事ということが多いので、家でごはんを食べるときは、あえてゆっくり下ごしらえして、ゆっくり作って、落ち着いた気持ちでゆっくり食べる、ということを大切にしていた。また、皿や小鉢も好きで、食事の時間を豊かにするために、可愛いなと思うものを見つけたら買っている」と、ゆっくり作ってゆっくり食べるようにしたり、料理の見た目を楽しむための皿や小鉢に凝ってみたりなどしていたとのこと。

 山内さんは、「子どもが2歳なのだが、仕事から帰った時に起きていたら絶対一緒に食べるようにしている」と、“家族との食事”を大切にしているとのことだった。

 濱家さんは、「“お気に入りのお皿で朝食をとる”ようにしている。特に、西川きよし師匠から、結婚祝いでロイヤルコペンハーゲンの食器をいただいたので、その食器で朝食を食べている」と、師匠から頂いた皿で朝食を食べるとパワーがもらえると話していた。

 そして今回、京都の老舗料亭「一子相伝 なかむら」の中村元計氏が吉岡さんの理想のおうちごはんを監修。中村氏は、「吉岡さんの理想のごはんを作ってみた。せひ『綾鷹』と共に味わってもらいたい」と、緑茶に合うおうちごはんに仕上げたと語っていた。

 中村氏監修の理想のごはんを試食したという吉岡さん。「今回のメニューは、私が本当に好きなものばかりになっている。また、健康に良いものを意識し、季節のものを使った料理という点もポイントになっている。さらに、旨味のある『綾鷹』が、食事とぴったりだということが感じてもらえる」と、まさに目指していたおうちごはんになっていると述べていた。

 この後、理想のおうちごはんの中から、「新生姜と胡瓜の酢の物」を吉岡さんが調理。かまいたちには、吉岡さんの手料理ではないのだが、理想のおうちごはんと「綾鷹」を味わってもらうことになった。濱家さんは、「お味噌汁は、トマトとオクラ、夏野菜がお味噌とマッチして最高。『綾鷹』の旨味と食事が合う」と大絶賛。山内さんは、「旨味がすごいので和食にめちゃくちゃ合う」と、理想のおうちごはんの美味しさを「綾鷹」がさらに引き出していると語っていた。

 最後に山内さんは、「『綾鷹』は急須のお茶の旨味が味わえるので、毎日の食卓に僕は絶対合わせたいなと思う」と、どんな食事にも「綾鷹」は合うので、朝食、昼食、夕食問わず楽しんでほしいと述べていた。濱家さんは、「食事の時間を豊かにおうちで食べるなら旨味のあるお茶、綾鷹と一緒がいいなと思った」と、おうちで過ごす時間が多いからこそ、旨味が楽しめる「綾鷹」で、食卓を華やかにしてほしいとアピールした。吉岡さんは、「おうち時間が増えて家で食事をする人が多くなったと思うが、『綾鷹』のお茶の旨味はどんな食事にも合うし、ほっこり幸せな気持ちにさせてくれる。ぜひ大切な食事の時間を、『綾鷹』と共に過ごしてもらいたい」と、こうした時期だからこそ、「綾鷹」で少しでも幸せな気分を感じてほしいと語っていた。

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ