菓子・ドリンク

カンロ、管理栄養士推薦のパッケージにリニューアルした「ノンシュガー茶館シリーズ」を発売

2020.08.05 14:46 更新

 カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロは、8月4日から、管理栄養士推薦のパッケージにリニューアルした「ノンシュガー茶館シリーズ」(ノンシュガー珈琲茶館他3品、全4種類)を発売した。

 「ノンシュガー茶館」シリーズは、カンロの原材料本来のおいしさを引き出し「素材を活かす」という方向性と、キャンディにふさわしい「機能性」を追求するという二つの方向性を軸に開発された商品となっている。独自の技術によって、でんぷんから作られた「還元水飴」の甘さを活かし、ノンシュガーでありながら人工甘味料を添加せずに自然なおいしさを実現した。カロリーや糖類を気にするけれど、本格的な味わいのキャンディを求める人におすすめとなっている。「珈琲茶館」「紅茶茶館」「抹茶茶館」「ミルク茶館」の全4種類からなり、それぞれ2つの味わいが楽しめる。なめらかな口どけで、コクや香りがあるのにすっきりとした甘さが特徴とのこと。

 今回、管理栄養士の推薦商品としてパッケージをリニューアルした。全国の医療機関に勤務する管理栄養士を対象に実施したアンケート(管理栄養士に間食指導の場で商品を紹介してもらい、指導を受けた方の反応をもとにアンケートに回答。全国医療機関500ヵ所のうち管理栄養士227人 ノンシュガー茶館シリーズ全4種 ファンデリー調べ)において、「『ノンシュガー茶館シリーズ』を間食として今後も紹介したいか」という質問に対し、92%の人が「はい」と回答。管理栄養士から、「ノンシュガーなのに濃厚だから、余分な間食を抑えられる」など、好評の声が多数寄せられた。

 ノンシュガー茶館シリーズとは、ノンシュガーでありながら、本格的な味わいを楽しめるグルメキャンディシリーズ。一番人気の「ノンシュガー珈琲茶館」は2001年に発売。2019年から、全シリーズ人工甘味料不使用となった。

[小売価格]194円(税込)
[発売日]8月4日(火)

カンロ=https://www.kanro.co.jp/


このページの先頭へ