菓子・ドリンク

サントリースピリッツ、3種の和素材を使用した日常の食事に合う爽やかなジン「翠(SUI)」を発売、ジャパニーズジンの新たな魅力を伝えるべく飲み方提案も

2020.07.09 19:05 更新

 サントリースピリッツは、サントリージャパニーズジン「翠(SUI)」を3月10日から発売した。「翠(SUI)」は、伝統的なジンの8種のボタニカル(ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、アンジェリカシード、カルダモンシード、シナモン、ビターオレンジピール、レモンピール)に加え、柚子・緑茶・生姜という3種の和素材を使用した、日常の食事に合う爽やかな味わいのジンとなっている。同社ならではの蒸溜・浸漬方法で、素材ごとの個性を最大限引き出した、「翠(SUI)」の新たな魅力を消費者に届けるべく、7月8日にオンライン説明会を開催した。説明会では、「翠(SUI)」の概要や製法、今後の戦略について説明した他、「翠(SUI)」に合う簡単なオリジナルレシピなども紹介した。

 「世界的にジン市場は伸長を続けており、10年間で130%超となっている」と、サントリースピリッツ RTD・LS事業部の佐藤純氏が挨拶。「日本でも国産ジンの登場で伸長。10年間で120%超となっている」と、世界市場と比例する形で国内のジン市場も拡大傾向にあるのだという。「この背景には、リフレッシュや健康志向など消費者の嗜好が変化したことに加え、日本の素材やこだわりをもった商品の美味しさに触れ、国産ジンに対する興味・関心が高まったことが挙げられる」と、国産ジンに対する気づきによって注目を集めるようになったと分析していた。「当社では伸長するジン市場において、輸入商品だけでなく国産の新商品を投入することでさらなる拡大を目指す」と、消費者の国産ジンとの接点を増やすべく、新たな商品を展開するのだと説明していた。

 「そして3月10日に発売した新商品『翠(SUI)』は、日常の食事に合う爽やかなジャパニーズジンとして提案。『翡翠』とも書かれるカワセミを象徴に、清々しく爽やかな味わいとジンを日本に羽ばたかせたいという想いを表現したネーミングとした」と、カワセミがあしらわれたブランドロゴの由来について語る。「デザインは、青緑の色を採用。スッキリとした六角形の瓶で、清々しさ、爽やかさを表現した」と、パッケージデザインについて言及。「中味は、ソーダ割に適した日本の食事に合う爽やかな味わいとなっている」と、飲み口についても教えてくれた。「『翠(SUI)』では、居酒屋で食事と合わせて楽しむハイボール、レモンサワーに続く第3のソーダ割としてアピールしていく」と、新たなソーダ割として訴求させていきたい考えを示した。

 次に、サントリースピリッツ スピリッツ商品開発研究部の大坪嵩征氏が、「翠(SUI)」のこだわりについて紹介した。「当社初のジン『HERMES GIN』は1936年に誕生。サントリーウイスキー『角瓶』よりも前に発売された」と、同社のジンづくりは長い歴史があるのだと訴える。「100周年を迎えた大阪工場でつくられる『翠(SUI)』は、大阪工場がもつ4種の異なる蒸留釜を使っている」と、こだわりの素材を最適な蒸留釜で蒸留することで、各素材の良さを最大限に引き出しているのだと力説する。「さらに『翠(SUI)』では、伝統的なボタニカルをベースに、日本の食事になじみのある、柚子、緑茶、生姜を使用した」と、3つの和素材を使用しているのだという。「もちろんジン本来の味わいを形成する、伝統的なボタニカルも使用している」と、8種の素材も使われていると教えてくれた。

 「『翠(SUI)』で使用する3つの和素材のうち、柚子については、柚子の果皮浸漬酒、柚子まるごと浸漬酒、柚子蒸留酒の3つの柚子原料酒を使用した」と、3つの柚子原料を使用しているとのこと。「『翠(SUI)』の味わいの特徴については、ソーダ割で立ち上がる爽やかな柚子の香りと、緑茶の旨味が食事の旨味と調和。生姜の辛味で後味をスッキリし食事の味わいを感じやすくなっている」と、それぞれの素材の個性を活かし、食事に合う美味しさを追求しているのだと説明した。

 新需要創造の戦略については、再び佐藤氏が発表した。「『翠(SUI)』は和素材が清々しく香る日本の食事に合う爽やかな味わいを引き出すべく、『翠ジンソーダ』をおすすめしている」と、「翠(SUI)」1に対してソーダ水4で割るのが美味しいとのこと。「飲み方のバリエーションとしては、漬け込み柚子や煎茶割、すりおろし生姜、ちぎり大葉といった、相性の良い様々な和の素材を活用したスタイルを提案していく」と、「翠(SUI)」に活用されている3つの和素材との相性が良いという。「料理については、和が香るすっきりとした味わいが定番の居酒屋メシとの相性が良い」と、唐揚げや焼き鳥といったおつまみと「翠(SUI)」を合わせる提案を図っていくと述べていた。

 「コミュニケーションについては、女優の桜井ユキさんを起用したTV-CMを投入する予定だ。居酒屋で食事と一緒に楽しむ気楽なお酒としてアピールしていく」と、消費者に「翠(SUI)」を積極的に告知していくとのこと。「業界連動活動と宣伝で翠ジンソーダを訴求し新需要創造に挑戦していく」と、POPや什器などを活用した店頭での露出のみならず、全国各地に「翠(SUI)」の取扱店を増やしながら、「翠(SUI)」を通じて国産ジンの魅力を提案していく考えを示した。

 この後、説明会では、サントリー酒類 グルメ開発部の渡邊鉄也課長が、同 ドリンクアドバイザーの菅野登仁雄氏に、「翠(SUI)」のおすすめの飲み方を教えてもらった他、同 フードスーパーバイザーの沓野大助氏には、「翠(SUI)」に合う食事として、「梅肉を挟んだ板わさ」「わさび香る枝豆のポテサラ」「山椒風味のとりから」を紹介してもらった。

[小売価格]1380円(税別)
[発売中]

サントリースピリッツ=https://www.suntory.co.jp/wnb/suigin/


このページの先頭へ