菓子・ドリンク

ANAインターコンチネンタルホテル東京、抹茶色に染まるフェア「抹茶コレクション2020」を開催、シャンパン・バーの「抹茶プライベートブッフェ」では全30種類のメニューを提供

2020.06.29 20:15 更新

 ANAインターコンチネンタルホテル東京(所在地:東京都港区赤坂)は、7月1日から10月31日まで、館内のシャンパン・バー(3FL.)、アトリウムラウンジ(2FL.)、パティスリー「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」(2FL.)において、香り豊かな抹茶を用いた見た目にも美しいスイーツの数々を揃え、ほろ苦い抹茶の風味と程よい甘さのハーモニーを楽しめる「抹茶コレクション 2020」(総称)を開催する。6月29日にはシャンパン・バーにおいて賞味会を開催。抹茶を用いた一口サイズのケーキやデザートをはじめ、抹茶をパン生地に練り込んだロールサンドイッチや、抹茶豆腐・茶そばなどの和食メニューを含めた全30種類のメニューを披露した。

 今年の「抹茶コレクション」は、開催店舗においてほとんどのメニューに抹茶を使用することから、様々な食材との組み合わせや食感を工夫し、飽きのこないバリエーションを揃えているという。抹茶の香りや色を損なわないよう、使用する抹茶の分量や焼き色などに特に注力しているとのこと。好きなだけ存分に楽しめる「シャンパン・バー」では、今年は「抹茶プライベートブッフェ」と冠し、通常の席数を約半数に減らし、ゆったりとしたテーブル配置のもと、新しいサービススタイルで提供する。

 初めに、全24種類のスイーツを1個ずつティースタンドに盛り付けたものを、スタッフが各テーブルにサービスし、さらに6種類のセイボリー(塩味のメニュー)もスタッフがテーブルを回ってサービスする。好きなだけおかわりが自由というコンセプトはそのままに、ゲストが席を立つことなく、各テーブルでオーダーを受付ける。

 今年は真夏から開催するので、涼し気なミントグリーンをキーカラーとしたデコレーションに、古くは中国伝来の抹茶にあやかり、パンダをイメージキャラクターとして装飾に加え、「スイーツブッフェ」を可愛らしく演出する。

 抹茶を用いた一口サイズのケーキやデザートをはじめ、抹茶をパン生地に練り込んだロールサンドイッチや、抹茶豆腐・茶そばなどの和食メニューを含めた全30種類のメニューを見てみよう。

 抹茶とラズベリーのレアチーズケーキ、抹茶チーズケーキ、抹茶とレモンのタルト、抹茶ミニチョコレートタルト、抹茶と杏のタルト、抹茶と黒糖のガナッシュ、抹茶ガナッシュと寒天ゼリー、抹茶フィナンシェケーキ、抹茶マカロン、抹茶パンナコッタ タピオカソース、抹茶パンナコッタ オレンジコンポート、抹茶玄米ムース、抹茶わらび餅 黒蜜添え、抹茶バームクーヘン、抹茶カップケーキ、抹茶ダックワーズ、抹茶クッキー、抹茶チョコレート、抹茶ボンボンショコラ、抹茶フォンダンショコラ、抹茶チョコレートブラウニー、抹茶オペラケーキ、抹茶チョコレートコーンパフ、抹茶ギモーブの抹茶スイーツ24種類は、スイーツを1個ずつティースタンドに盛り付けたものを、スタッフが各テーブルにサービスする。なお、抹茶のソフトクリームを使ってオリジナルパフェを作れるようトッピングを用意している。

 一方、抹茶入り食パンのロールサンドイッチ2種、抹茶豆腐 木の芽味噌、帆立と海老のサラダ 白味噌ソース、ぺティトマトの昆布茶のお浸しポン酢ジュレ、茶そばのセイボリー6種類は、スタッフがテーブルを回ってサービスする。

 ドリンクは、緑茶、玄米茶、ほうじ茶、コーヒー、紅茶など計15種類の飲み物がフリードリンクで楽しめるとのこと。オプションとして、グラスシャンパン(1500円~)の他、シャンパン・ワイン・ビールのフリーフロープラン(3000円)も提供する。

 ゆったりとしたテーブル配置のもと好きなだけおかわりが自由というコンセプトはそのままに、ゲストが席を立つことなく、すべて各テーブルでオーダーを受付ける、オーダーブッフェ形式スタイルとなる新しいサービススタイルで、深緑の季節に映える、抹茶色に染まるスイーツを楽しんでもらいたい考え。

 ロビーの中央に位置する寛ぎの空間「アトリウムラウンジ」では、「辻 利」の抹茶を全品に使用している。中でも、ペストリーに適した種類を用いることで、宇治抹茶の濃厚な香りや奥深い味わいが引き出された12種のスイーツと4種のセイボリーが楽しめるアフタヌーンティーセットとなっている。抹茶クッキーにフレッシュチーズのムースをのせ、石をイメージしたチョコレートを飾って枯山水を表現した「抹茶クッキーとフロマージュブランのムース」や、抹茶チョコレートでコーティングしたオレンジ風味のパウンドケーキに炒り玄米をトッピングした「抹茶とオレンジのパウンドケーキ」など、様々な香りや食感とともに、ほろ苦い抹茶ならではの味わいとやさしい甘さが口の中で広がる。

 また、フランスのエスプリが薫るパンやケーキを販売する「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」では、抹茶クロワッサンや抹茶コロネなどのパン、抹茶タルトや抹茶とマスカルポーネクリームのケーキなど、3つ星シェフ「ピエール・ガニェール」の独創性あふれる6種類の商品を取り揃える。

[シャンパン・バー(3FL.)The Champagne Bar「抹茶プライベートブッフェ」概要]
料金:1人 3800円(消費税・サービス料別)
※オプション:グラスシャンパン 1500円~/シャンパン・ワイン・ビールのフリーフロープラン 3000円
提供日/時間:土・日・祝日 11:30~13:00/13:30~15:00/15:30~17:00/17:30~19:00 4部制
       金曜 11:30~13:00/13:30~15:00/15:30~17:00 3部制(7月3日は除く)
※月~木曜は定休

[アトリウムラウンジ(2FL.)ATRIUM LOUNGE「抹茶アフタヌーンティーセット」(「お抹茶」付)概要]
料金:1人 4200円(消費税・サービス料別)
※オプション:グラスシャンパン 1500円~/シャンパン・ワイン・ビールのフリーフロープラン 3000円
時間:平日 12:00~18:00/土・日・祝日 11:00~18:00 ※入店時間から2時間制

[ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー(2FL.)PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX 概要]
販売時間:7:00~18:00
小売価格:
 抹茶とマスカルポーネクリームのケーキ:プチガトー 650円/アントルメ 4000円
 抹茶のタルト:650円
 抹茶とレモンのムース:プチガトー 650円/アントルメ 5000円
 パン
  抹茶コロネ:340円
  抹茶クロワッサン:280円
  抹茶スコーン:230円
(すべて税込)

※画像はすべて、シャンパン・バー「抹茶プライベートブッフェ」

ANAインターコンチネンタルホテル東京=https://anaintercontinental-tokyo.jp


このページの先頭へ