菓子・ドリンク

ナショナルデパート、バター専門ブランド「カノーブル」からフィナンシェクッキーにナッツとトフィーをトッピングした「TOFFINA」を発売

2020.05.22 14:18 更新

 日本初のバター専門ブランド「カノーブル」を運営するナショナルデパートは、ブランド初の焼き菓子となる、フィナンシェクッキーにナッツとトフィーをトッピングした「TOFFINA(トフィーナ)」を発売した。

 日本初のバター専門ブランドとして、エモーショナルな商品開発で世の中を驚かせ続けるカノーブルから初のお菓子を発売した。

 バター作りで培われた技術や知識を活かし、バターの究極進化を目指して作られたのがこの「FOFFINA (トフィーナ)」とのこと。 砂糖とバターを焦がしてつくるトフィーと、焦がしバターでつくるフィナンシェのようなクッキー、そして味に深みを与える木の実たち。トフィー、フィナンシェ、ナッツという3つの味を組み合わせたのがカノーブルのトフィーナとのこと。 バターを極めるカノーブルの新しい挑戦なのだという。

 トフィーは砂糖とバターを鍋で焦がして作ったキャンディーのようなもので、イギリスが発祥ともいわれている。アメリカに渡り、バタークランチやイングリッシュトフィーなどと呼ばれ今でも広く愛されているという。ナッツをトッピングした一般的なレシピを 今回はコクのある“てんさい糖”のトフィーをつくり、焦がしバターで仕込んだフィナンシェのような風味のクッキーの上にのせ、木の実を散らしてオリジナルの砂糖菓子に仕上げてみた。

 「バターは焦がすと美味しくなる」 レシピ開発で常に大切にしている考えをもとに、トフィーの仕込みでもしっかりとバターに火を入れて焦がし、バターの風味をちゃんと感じられるように作り上げている。 伝統と革新のバターの世界を楽しんでほしい考え。

[小売価格]1980円(税込・送料込)
※サブスクリプション価格:1880円(税込・送料込)

ナショナルデパート=http://depa.jp


このページの先頭へ