菓子・ドリンク

合同酒精、和のハーブ"赤シソ"のリキュール「Tantakatan Shiso」を発売

2020.03.25 15:38 更新

 オエノングループの合同酒精は、和のハーブ“赤シソ”のリキュール「Tantakatan Shiso」を、3月31日から発売する。

 「Tantakatan Shiso」は、北海道白糠町(しらぬかちょう)産の赤シソを使用したお酒。和のハーブ“赤シソ(赤シソには、香り成分「ペリルアルデヒド」、赤色成分の「ポリフェノール」などの成分が含まれ、蘇(よみがえ)りのハーブといわれている)”の特長を活かし、赤シソをじっくりと漬け込んだ赤シソ浸漬酒と赤シソ蒸留酒をブレンドし、着色料・香料無添加で仕上げた。赤シソ由来の心地よい香り、すっきりとした味わい、美しい天然のルビー色で、食卓を華やかに彩る。飲み方は、冷やしてそのままはもちろん、ロック、ソーダで割っても楽しめるという。

 パッケージはスタイリッシュなボトルに、素材を全面に出した「Shiso」の文字と、アイコンをあしらった。フロスト瓶とラベルの白色が、赤シソ本来の鮮やかなルビー色を目立たせている。

 今回、和のハーブ“赤シソ”のリキュール「Tantakatan Shiso」を発売することで、お酒で癒されたい消費者や、ホームパーティーや女子会、家飲みなどの幅広いシーンのニーズに応える考え。

[小売価格]600円(税別
[発売日]3月31日(火)

オエノングループ=https://www.oenon.jp/


このページの先頭へ