菓子・ドリンク

コカ・コーラシステム、ペットボトル入りコーヒー「ジョージア ラテニスタ カフェラテ/ビターラテ」を発売

2020.03.23 12:33 更新

 コカ・コーラシステムは、カフェで飲むようなミルク感にこだわった、ラテ専門のペットボトル入りコーヒー「ジョージア ラテニスタ カフェラテ」「ジョージア ラテニスタ ビターラテ」を3月30日から発売する。これに伴い、女優の小松菜奈さんを起用した新TV-CM「後ミルク」篇を3月31から全国で放映する。

 近年、若年層におけるカフェ文化の浸透に伴い、20~30代を中心にミルクをたっぷり入れたラテのメニューが人気となっている。「ジョージア」は、ラテ好きなカフェ利用者に着目し、彼らの実態を調査。カフェで飲むラテのミルク感たっぷりのおいしさやオシャレな容器には満足しているものの、価格の高さや蓋ができないことによる携帯性の低さなどには満足していないことがわかった。このような消費者の要望に応えるため、カフェで飲むようなミルク感を楽しめるラテを、若年層のニーズに合ったデザインと携帯しやすい小型ペットボトル容器で実現できないかと考え、今回ラテ専門の新シリーズ、「ジョージア ラテニスタ」を提案する。

 製品名の「ラテニスタ」は、カフェメニューである「ラテ(Latte)」に、スペイン語・イタリア語で「~の専門家」を意味する「~イスタ(-ista)」を組み合わせたもので、カフェで飲むようなミルク感にこだわった「ラテの専門家」を表現している。

 「ジョージア ラテニスタ」の特徴は、ミルクを注ぎ入れた直後のような豊かな味わいを実現するために、ジョージア独自の「ミルクブースト技術」を新開発した。これまでのペットボトル入りコーヒーでは実現できなかった、口の中にやさしく広がる、なめらかなミルクの後味を楽しめるという。

 20~30代のカフェ利用者と共同開発した容器は、ラテのまろやかなおいしさを表現する丸みを帯びた小型ボトルに、トレンドのダスティーカラーを基調とした、やさしさと実直さを兼ね備えたデザインを採用。横にストレートに伸びる直線と5つの星印によって、自信のある味わいをシンプルに伝達し、洗練した印象に仕上げている。若年層のトレンドとなっている小型サイズのバッグでの携帯にも便利で、さまざまなシーで自分らしく楽しんでもらえる容器とのこと。

 「ジョージア ラテニスタ カフェラテ」は、こだわりのミルク感を存分に味わえる、まろやかなコクの王道カフェラテとのこと。「ジョージア ラテニスタ ビターラテ」は、深いコーヒー感を味わえるディープロースト豆を中心に使用した、ほろ苦いコクのビターなカフェラテとなっている。

[小売価格]各139円(税別)
[発売日]3月30日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ