菓子・ドリンク

カルビー、広島東洋カープ承認の地域応援スナック「ふるシャカ広島版 しお味」を期間限定発売

2020.03.12 19:48 更新

 カルビーは、今年のプロ野球シーズンを前に、地域応援スナック「ふるシャカ」のリニューアル商品「ふるシャカ広島版 しお味」を3月16日から広島駅やマツダスタジアム周辺で発売する(9月末終売予定)。

 同商品はプロ野球チーム「広島東洋カープ」承認の“地域応援スナック”で、大幅なリニューアルは今回が初めてとなる。おまけシールを一新した上、別添の味付けパウダーをなくし、より応援しやすく広島県民に愛される商品を目指した。

 「ふるシャカ」は、新たなコンセプトのヒット商品を生み出す社内チーム「Calbee Future Labo(カルビー フューチャー ラボ)」が手掛けた初めての商品で、2018年に誕生した。「応援」をコンセプトに、一般消費者のサポーターや企業をはじめ、県内の大学生と協働し、1年半をかけて開発。音とデザインが特長で、振るとサイコロ状のポテトスナックがシャカシャカと音を立て、食べるだけでなく応援にも使える新感覚のスナックとなっている。

 パッケージには、地域を代表するキャラクターを採用し、第1弾は広島から、広島東洋カープの「カープ坊や」のデザインで発売。昨年には、東北地方でも東北楽天ゴールデンイーグルスの「クラッチ」を採用して発売した。

 今回、登場から3シーズン目を迎えるにあたり、これまで消費者から寄せられていた「味付けパウダーを使った後の袋がゴミになり、応援の時に邪魔になっている」との指摘を改善するとともに、さらに広島の人々に愛される商品を目指し、おまけのシールをより地域に根差したデザインにバージョンアップした。

 主なリニューアルポイントとしては、「ふるシャカ」はこれまで「のりしお味」だったが、リニューアルを機にシンプルであっさりとした「しお味」に変更した。快適に応援できるよう、これまで別添だった味付けパウダーを廃止し、そのまま食べることができる商品にした。フタになっているヘルメット内のおまけシールは、これまでの背番号から、広島東洋カープの選手と広島名物を組み合わせたシールに一新した。開封時、ヘルメットとカップを留めているシールを剥がす際、カップのデザインも一緒に剥がれてしまうことが多かったため、シールをカップの紙が剥がれにくい仕様に変更した。

[小売価格]390円(税込)
[発売日]3月16日(月)

カルビー=https://www.calbee.co.jp/


このページの先頭へ