菓子・ドリンク

江崎グリコ、"食事代わりになるヨーグルト"「BifiX おなかに素材+ヨーグルト いちじく&オリーブ」を発売

2020.03.24 17:24 更新

 江崎グリコは、ビフィズス菌 BifiXを配合したBifiXヨーグルトの「BifiX おなかに素材+ヨーグルト」シリーズから、3月30日に、新商品「BifiX おなかに素材+ヨーグルト いちじく&オリーブ」を発売する。同シリーズは、おなかにうれしい素材と飽きのこないフレーバー展開で、忙しい毎日でも手軽に続けられる“食事代わりになるヨーグルト”としてのニーズに応える考え。

 「BifiX ヨーグルト」は1999年4月に「朝食ヨーグルト」として発売し、2014年2月の「朝食 BifiX ヨーグルト」へのリニューアルを経て、腸の健康を保ちたい消費者に支持されている。「BifiX ヨーグルト」に含まれるビフィズス菌 BifiXは、生きて腸まで届き、おなかで増えるビフィズス菌とのこと。さらに、ビフィズス菌を摂るだけでなく、100%野菜由来の食物繊維イヌリンを組み合わせることで、“おいしい相乗効果”を実現している。

 近年、朝食を摂らない人の割合は増加傾向にあり、昨年6月に農林水産省が公表した2018年度版の食育白書によると20~30代の若い世代の割合は26.9%にものぼるという。そんな中、「BifiX おなかに素材+ヨーグルト」シリーズは、手軽においしく、食事代わりとしても食べられる、おなかにうれしい素材をプラスした大満足のボリューム感と、脂肪ゼロが魅力のシリーズとして展開している。「BifiX おなかに素材+ヨーグルト」シリーズは、「アロエ」「白桃&ザクロ」「こんにゃくゼリー ぶどう味」の3種のラインアップで販売しており、今回新たに新商品「いちじく&オリーブ」が加わる。同商品は、ぷちぷちとした食感が楽しめる「いちじく果肉」をプラスし、華やかな風味が特長の「オリーブの葉」を配合している。

 「BifiX ヨーグルト」は毎日おいしく食べられるよう、バラエティ豊かなラインアップを展開している。同社はこれからも日々の健やかな暮らしをサポートしていく考え。

[小売価格]225円(税別)
[発売日]3月30日(月)

江崎グリコ=https://www.glico.com/jp/


このページの先頭へ