菓子・ドリンク

ヤクルト、乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト400W」の販売地区を拡大

2020.03.17 17:05 更新

 ヤクルト本社は、乳製品乳酸菌飲料「ヤクルト400W」の販売地区を拡大する。

 「ヤクルト400W」は、1月20日から九州地区で先行販売している。今回、販売地区を同年4月6日から中国・四国地区全域と兵庫県<一部>、奈良県、和歌山県、岐阜県<一部>、三重県、石川県<一部>、福井県に拡大する。また、同年6月1日から近畿地区全域と愛知県、岐阜県、石川県、富山県の全域に拡大する。

 「ヤクルト400W」は、生きて腸内に到達する「乳酸菌 シロタ株」と腸内の乳酸菌を増やす「ガラクトオリゴ糖」を一緒に摂ることができる“シンバイオティクス”を訴求した商品となっている。

 同品は、ヤクルト独自の「乳酸菌 シロタ株」が1本(80ml)に400億個含まれているとのこと。腸内の乳酸菌を増やす「ガラクトオリゴ糖」が1本に5.0g含まれている。ヤクルトの風味を踏襲しながらも、継続飲用しやすいすっきりとした風味となっている。

[小売価格]
1本:100円
7本パック:700円
(すべて税別)

ヤクルト本社=https://www.yakult.co.jp/


このページの先頭へ