菓子・ドリンク

森永乳業、乳飲料「PREMiL(プレミル) 高たんぱく/1日分の鉄分」をリニューアル発売

2020.02.13 19:15 更新

 森永乳業は、栄養とおいしさにこだわった大人のためのミルク「PREMiL」シリーズから、「PREMiL 高たんぱく」「PREMiL 1日分の鉄分」を3月10日にリニューアル発売する。

 牛乳類の市場は、飲用者の減少や価格改定による単価上昇の影響はあるものの、消費者の健康意識の高まりを背景に、昨年度はぼぼ前年度並みで推移(同社推計)している。

 牛乳類を購入する消費者の年代は50代以上が全体の過半数を占めており(QPR2019年4~9月白物飲料年代別購入数量構成比)、飲用の目的は栄養素を摂取するためという消費者が多く、その傾向は加齢とともに強くなっている(同社調べ(2019年5月、n=1442))。また、中高年層は加齢に伴う骨量の減少によって、カルシウムの摂取意向が高まり、身近で手軽な牛乳でカルシウムを摂取したいというニーズがあるとのこと。

 このような消費者の年代・飲用目的の変化に対応し、牛乳に期待されている栄養素(カルシウムやたんぱく質)を凝縮した「PREMiL」シリーズを販売してきた。

 今回リニューアル発売する「PREMiL」シリーズは、シニア世代で摂取意向の最も高い栄養素であるカルシウム(同社調べ(2019年6月、n=1460))を牛乳の2倍配合(同社商品「森永牛乳」比)し、また、脂肪分を気にせずに飲めるように乳脂肪分を67%カット(同社商品「森永牛乳」比)しながらも、牛乳らしいコクのある味わいに仕上げた。

 さらに、「PREMiL 高たんぱく」にはコップ1杯(200ml)あたり10gのたんぱく質を、「PREMiL 1日分の鉄分」にはをコップ1杯(200ml)あたり1日分の鉄分(栄養素等表示基準値(2015)に基づく)を配合し、高齢者が不足しがちな栄養素を強化した。

 栄養とおいしさにこだわった大人のためのミルク「PREMiL」シリーズを印象してもらい、おいしく、効率的な栄養素摂取によって、元気でイキイキとしたカラダづくりに役立ててほしいという。

[小売価格]各230円(税別)
[発売日]3月10日(火)

森永乳業=http://www.morinagamilk.co.jp/


このページの先頭へ