菓子・ドリンク

アサヒ、缶チューハイ「『ウィルキンソン』・ドライセブン期間限定グレープフルーツ」を発売

2020.02.12 11:08 更新

 アサヒビールは、アルコール度数7%のRTD(「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指す)「『ウィルキンソン』・ドライセブンレモン」、「『ウィルキンソン』・ドライセブンレモンライム」を3月10日からリニューアル発売する。また、「『ウィルキンソン』・ドライセブン期間限定グレープフルーツ」を同日から発売する。

 「『ウィルキンソン』・ドライセブン」は、『ウィルキンソン タンサン』を使用し、「『ウィルキンソン』・ハードナイン」「『ウィルキンソン』・ハイボール」とともに、同社RTD史上“過去最高のガス圧”による炭酸の爽快さが特長のRTDとなっている。

 今回、レモンやレモンライムの味わいをしっかりと感じられるように原材料の配合比率を見直し、甘さを抑えてキレを向上させた。程よい飲みごたえのアルコール度数7%で人工甘味料不使用という商品特長はそのままに、レモンやレモンライムならではの“すっきりとした甘くない”味わいを楽しめる。

 パッケージデザインは、味わいが伝わるように「弾けるレモン感」「弾けるレモンライム感」のアイコンを缶体左上に配し、みずみずしいレモンやレモンライムのイラストを目立つように描いた。また、アルコール度数7%であることを記載し、程よい飲みごたえ商品特長を訴求している。

 「『ウィルキンソン』・ドライセブン期間限定グレープフルーツ」は、人工甘味料不使用で、グレープフルーツの酸味と苦味が効いたすっきりとした味わいとアルコール7%の程よい飲みごたえを楽しめるとのこと。

 パッケージには、みずみずしいグレープフルーツを描き、背景色をピンク色にすることで春らしさを表現している。期間限定のアイコンを配し、今しか買えない限定商品であることを訴求している。

 また、3月は花見などまとめ買いの需要が多いことから「『ウィルキンソン』・ドライセブン」を6本まとめて購入できるバラエティパックを3月10日から数量限定で発売する。今回の期間限定発売商品である「グレープフルーツ」に加え、「レモン」「レモンライム」各2本を詰め合わせた商品となっている。

[小売価格]
缶350ml:141円
缶500ml:191円
(すべて税別)
[発売日]3月10日(火)

アサヒビール=https://www.asahibeer.co.jp/


このページの先頭へ