菓子・ドリンク

日本コカ・コーラ、東京2020オリンピックを盛り上げる「コカ・コーラ」の限定デザインボトルを展開、「ファンタ」では大人向けの特別な「ファンタ プレミアムグレープ」を発売

2020.02.18 19:26 更新

 日本コカ・コーラは、2020年度炭酸カテゴリー事業についての戦略発表会を2月18日に開催した。炭酸カテゴリーの主要ブランド「コカ・コーラ」では、東京2020オリンピックへの熱をさらに盛り上げるべく、3月9日から「東京2020オリンピック 競技デザインボトル」と「東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル」を発売すると共に、各種大型キャンペーンを展開する。また、オリンピック開催時期の夏に向けて「コカ・コーラ フローズンレモン」を3月30日に発売する。そして、フレーバー炭酸の「ファンタ」では、昨年に引き続き乃木坂46を起用したキャンペーン「ファンタ坂学園」を展開する他、大人向けの新たな商品として「ファンタ プレミアムグレープ」を3月2日から発売することを発表した。

 「今年の大きな消費者トレンドとしては、東京2020オリンピックへの期待が高まっていることが挙げられる。また、単身世帯数および30代以上の人口が年々増加していることから、この層の飲用ニーズにアプローチしていくことも重要になる」と、日本コカ・コーラ マーケティング本部 炭酸&エナジーカテゴリーの島岡芳和バイスプレジデントが今年の消費者トレンドを分析。「こうした背景を踏まえて、炭酸カテゴリー事業では今年、『コカ・コーラ』と『ファンタ』において、コアブランドを飲用する習慣作りと、新技術イノベーションによる新規飲用者の獲得を図り、さらなるビジネス成長を目指す」と、炭酸カテゴリーの事業ビジョンを示した。

 「当社は、アムステルダム1928オリンピックから90年以上オリンピックを支援してきた歴史がある。そこで、『コカ・コーラ』ブランドでは、東京2020オリンピックに向けて高まる消費者の気持ちをとらえた限定ボトルを展開していく。1月に発売した『2020年コカ・コーラ オリンピック観戦チケットキャンペーンボトル』は、オリンピック観戦チケットが当たるかもしれないドキドキ感が消費者に好評で、プロモーション応募数も好調に推移している」と、「コカ・コーラ」ならではの限定ボトルで東京2020オリンピックを盛り上げていくと力を込める。「3月9日からは、『東京2020オリンピック 競技デザインボトル』と『東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル』を発売する。『東京2020オリンピック 競技デザインボトル』は、オリンピックの全33競技が当社オリジナルのアイコンでデザインされた限定ボトルで、50種類の商品を展開する。また、スマートフォンから応募すると、その場でオリジナルピンズ3個セットが当たるキャンペーンも実施する」と、アスリートの活躍を競技デザインボトルで応援してほしいと話していた。

 「『東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル』は、ラベルを切り取ってリストバンドにできる自動販売機限定ボトル。リストバンドは、東京2020オリンピックをモチーフにした9種類のデザインを用意している。オリンピック聖火リレーや開幕までのカウントダウンなど東京2020オリンピックの開幕前から、消費者が一体感を持って参加できるきっかけを与えるアイテムにしていきたい」と、様々なイベントでリストバンドを着用してもらうことで、東京2020オリンピックの機運を高めていきたい考え。「『リストバンドボトル』のキャンペーンとしては、『Coke ON』アプリでポイントを貯めて応募すると、その場で5000名にキャッシュレス決済機能付きリストバンドが当たる。さらに、東京2020オリンピック聖火リレーと連動し、リストバンドを手に巻いて、聖火リレーのセレブレーション会場に行くと、先着でオリジナルリストバンドをプレゼントする」と、3月26日から開始される聖火リレーとの連動キャンペーンにぜひ参加してほしいとアピールした。

 「東京2020オリンピックの開催時期は夏であることから、オリンピック本番を見据えた商品として、『コカ・コーラ フローズンレモン』を3月30日に発売する。『コカ・コーラ フローズンレモン』は、『コカ・コーラ』ブランド初の容器入りフローズン飲料として、2018年に発売して大きな注目を集めた商品。キンキンに冷えた『コカ・コーラ』ならではのおいしさをパウチごと凍らせ、揉みながらシャーベット感覚で飲むことができる」と、暑い夏のオリンピック観戦にピッタリな「コカ・コーラ フローズンレモン」を今年新たにラインアップすると紹介した。

 「フレーバー炭酸の『ファンタ』では、コアブランドの戦略として昨年に引き続き、乃木坂46のメンバーをデザインした『ファンタ グレープ』、『ファンタ オレンジ』の新パッケージボトルを4月13日から発売する。今回、キャンペーン展開している『ファンタ坂学園』の舞台を放課後に移し、ティーンが仲間と過ごす大事な放課後が弾けるように楽しくなるようなキャンペーンを実施する」と、今年も乃木坂46を起用した新たなデザインボトルが登場するとのこと。「キャンペーンでは、限定ボトルのQRコードからWEBサイトにアクセスすると、放課後がより楽しくなる『ファンタ坂学園』限定グッズなどが当たるプレゼントキャンペーンを実施する。ボトルに描かれたメンバーのデザインQUOカードが当たるコースや、放課後の時間帯限定で参加できるコースなど用意し、ティーンの放課後を盛り上げていく」と、キャンペーンを通じて、ティーンにとってかけがえのない放課後時間における「ファンタ」の飲用習慣確立を図っていくと意気込んだ。

 「さらに、『ファンタ』ブランドの新たなイノベーションとして、大人向けのフルーツ炭酸飲料『ファンタ プレミアグレープ』を3月2日に上市する。当社の調査によると、フルーツ炭酸飲料の消費量は、他の年代と比較して30~40代が大幅に下落していることがわかった。そこで今回、フルーツ炭酸飲料を飲まなくなる30~40代に向けた高付加価値製品として『ファンタ プレミアグレープ』を開発した」と、新カテゴリーとなる大人向け「ファンタ」を発売する背景を説明。「『ファンタ プレミアグレープ』では、収穫から24時間以内に搾汁したぶどうの果汁とすりつぶしピューレを使用。心地よい炭酸と、果汁13%のリッチでコク深い味わいを楽しめる贅沢な『ファンタ』に仕上げている」とのこと。「開発にあたっては、一本一本充填されるまでピューレを沈ませず、粒を壊さないようにやさしく運ぶ新技術を製造ラインに導入。さらに、無菌充填によって、熱水でのシャワー殺菌を経ずに製品化が可能となった。これによって、高いガス圧とフレッシュな味わいを実現している」と、「ファンタ プレミアグレープ」の開発秘話にも言及してくれた。「『ファンタ プレミアグレープ』のアンバサダーには、俳優の永山瑛太さんと松田龍平さんを起用し、等身大の30代を代表して、大人向け『ファンタ』の本格的なおいしさを伝えてもらう」と、永山瑛太さんと松田龍平さんが登場する広告展開にも注目してほしいと話していた。

[小売価格]
「コカ・コーラ」東京2020オリンピック 競技デザインボトル:
 280ml PET:115円
 500ml PET:140円
 1L PET:232円
 1.5L PET:320円
 2L PET:340円
 350ml缶:115円
 350ml PET:120円
 700ml PET:195円
「コカ・コーラ ゼロ」東京2020オリンピック 競技デザインボトル
 500ml PET:140円
 1L PET:232円
 1.5L PET:320円
 2L PET:340円
 350ml缶:115円
「コカ・コーラ ゼロカフェイン」東京2020オリンピック 競技デザインボトル
 500ml PET:140円
 1.5L PET:320円
「コカ・コーラ」東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル:140円
「コカ・コーラ ゼロ」東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル:140円
コカ・コーラ フローズンレモン:150円
ファンタ グレープ新パッケージボトル
 500ml PET:140円
 1.5L PET:340円
ファンタ オレンジ新パッケージボトル
 500ml PET:140円
 1.5L PET:340円
ファンタ プレミアグレープ:150円
(すべて税別)
[発売日]
「コカ・コーラ」東京2020オリンピック 競技デザインボトル:3月9日(月)
「コカ・コーラ ゼロ」東京2020オリンピック 競技デザインボトル:3月9日(月)
「コカ・コーラ ゼロカフェイン」東京2020オリンピック 競技デザインボトル:3月9日(月)
「コカ・コーラ」東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル:3月9日(月)
「コカ・コーラ ゼロ」東京2020オリンピック オリジナル リストバンドボトル:3月9日(月)
コカ・コーラ フローズンレモン:3月30日(月)
ファンタ グレープ新パッケージボトル:4月13日(月)
ファンタ オレンジ新パッケージボトル:4月13日(月)
ファンタ プレミアグレープ:3月2日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ