菓子・ドリンク

カルビー、「地元ならではの味」をポテトチップスで再現した「ラブ ジャパン」プロジェクト第3弾"16道県の味"を発売

2020.02.14 17:44 更新

 カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「ラブ ジャパン」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを発売した。3年目となる昨年度は、第1弾商品(15品)を昨年9月に、第2弾商品(18品)を昨年11月に発売した。そして今回、第3弾として16道県(北海道・青森・宮城・新潟・茨城・千葉・神奈川・石川・岐阜・兵庫・奈良・鳥取・徳島・香川・熊本・大分)の味の商品を2月17日から数量限定・期間限定で発売する(3月下旬終売予定)。

 同プロジェクトは、各都道府県の都道府県庁・市役所や地元を代表する機関・企業等の協力を得て、商品を開発する取り組みとのこと。お菓子を通して地域で有名な名産品や知る人ぞ知る味などを全国に紹介することで、地域の食文化の発展を支え、地域に関わる人々を元気にし、さらには日本を元気にしていくことを目指しているという。地元の強み(素材・名産品・郷土愛・素材づくりの技術力)と、カルビーの強み(知名度・販売促進力・商品企画力・開発力)を活かし、地元を愛する人と共創することでヒット商品を生み出していくとのこと。

 一昨年度に続き、昨年度も地元を愛する消費者からインターネット上で味案を募集し、総計約650万件もの投稿(意見や感想を含む)が寄せられた。各商品は、いただいた味案をもとに、地元の人々の支援を受け、味やパッケージを決定し、開発を進めたという。

[発売日]2月17日(月)

カルビー=https://www.calbee.co.jp/


このページの先頭へ