菓子・ドリンク

イオン、エナジードリンク「トップバリュ エナジーハンター」シリーズから「シュガーフリー」タイプを発売

2020.01.07 11:51 更新

 イオンは、1月7日に、全国のイオングループ約3000店舗において、100ml当たりのカフェイン65mg、アルギニン200mgを配合(カフェイン含有商品のため、授乳中の人、子ども、体調がすぐれない人は飲用を控えてほしいとのこと)したエナジードリンク「トップバリュ エナジーハンター」シリーズから新たに、1本当たりのカロリーを12kcalに抑えた「シュガーフリー」タイプ(以下、「エナジーハンター シュガーフリー」)を発売する。また、「ゼリー」と「タブレット」もあわせて発売する。

 近年、栄養補給や眠気覚ましといったさまざまなニーズから、イオンでは、今年度のエナジードリンクカテゴリーの売上が前年比で約20%伸長するなど、エナジードリンクの市場規模やその認知度は急速に拡大し、性別や年代を問わず多くの方に親しまれている。昨年5月、トップバリュで初となるエナジードリンク「トップバリュ エナジーハンター」を発売したところ、「ベリー系のフルーティーな味わいで飲みやすい」「コスパが良く、キャップ付きで持ち運びにも便利」と好評を得たという。

 また昨今、糖質制限のニーズの高まりから、「シュガーフリー」タイプについて、多くの要望を得て、「エナジーハンター シュガーフリー」を企画・開発したとのこと。

 「エナジーハンター シュガーフリー」は、通常タイプ(エナジーハンター[通常タイプ]1本(300ml)当たり エネルギー162kcal、糖質39.3g)と比べ、糖質量だけでなくカロリーも大幅にカットし、「エナジードリンクを飲みたいけどカロリーも気になる」という消費者の声にも応えた商品となっている。また、「ゼリー」と「タブレット」は、カフェイン、アルギニンに加えてクエン酸も配合し、仕事や勉強の合間に疲れを感じたときに、すばやく有効成分をチャージするのに最適な商品だという。

[小売価格]
シュガーフリー:138円
ゼリー:128円
タブレット:148円
(すべて税別)
[発売日]1月7日(火)

イオン=https://www.aeon.info/


このページの先頭へ