菓子・ドリンク

コカ・コーラシステム、"「コカ・コーラ」スリムボトル 2020年 桜デザイン"を期間限定で発売

2020.01.14 18:51 更新

 コカ・コーラシステムは、日本の春を彩る桜の花をパッケージに大胆にあしらった“「コカ・コーラ」スリムボトル 2020年 桜デザイン”を、1月20日から期間限定で発売する。

 「コカ・コーラ」スリムボトルは250mlの飲みきりサイズで、アルミニウム素材のキンキンに冷たい感触と、「コカ・コーラ」の象徴であるコンツアーボトル(ガラス製ボトル)を受け継いだスタイリッシュな形状のプレミアムパッケージとなっている。ボトル全体に施されたデザイン性の高さが特徴で、そのなかでも、「コカ・コーラ」スリムボトル 桜デザインは、2017年2月に初登場して以来、桜の花を華やかにデザインしたパッケージが毎年好評を得ている。

 「コカ・コーラ」は、今後も「コカ・コーラ」ならではのおいしさを、“スリムボトル”の特徴を生かした四季折々の風情や観光地、イベントなどをデザインしたスタイリッシュなボトルで楽しめるよう提案していく考え。

 同品は、春を象徴した桜のデザインと「コカ・コーラ」ならではのおいしさを、デザイン性の高い“スリムボトル”で楽しめる製品とのこと。3年目となる“スリムボトル”桜デザインの今年は、舞い散る桜の花びらをあしらった、春の風情を感じる手書き風の新デザインとなっている。

 ターゲットは、「コカ・コーラ」ファンから普段炭酸飲料を飲まない人まで幅広く想定する。飲用シーンは、友人や家族と楽しんでいるときや、レジャーのときなど春の季節にぴったりとなっている。

 パッケージは、大胆に咲き誇る満開の桜の花とまだ咲いていない蕾のイラストを、春らしいピンクの背景にデザインした。

[小売価格]125円(税別)
[発売日]1月20日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ