菓子・ドリンク

モンテール、ロカボスイーツ「スイーツプラン」シリーズから「糖質を考えたふわもちプチシュー・チョコ」を発売

2019.12.13 15:21 更新

 モンテールは、緩やかな糖質制限(ロカボ)で提唱される、糖質量10g以下(エリスリトールを除いた糖質量(分析値))のロカボスイーツ「スイーツプラン」シリーズから、ふんわりとした食感で豆乳クリーム入りのシュークリーム「糖質を考えたふわもちプチシュー・チョコ」を、スーパーにおいて来年1月4日から2月29日の期間限定で発売する。

 近年、健康を訴求したスイーツやお菓子が多数発売されている。モンテールでは2015年9月から糖質を考えた「スイーツプラン」シリーズを発売し好評とのこと。今回、年末の忘年会や年始の家族や友人との集まりなど、食べ過ぎてしまった時期でもスイーツが楽しめるよう、ヘルシーな豆乳クリームを加えたシュークリームを展開する。

 「糖質を考えたふわもちプチシュー・チョコ」は、ふんわりとしたシュー生地に、豆乳クリームを加えた、なめらかなチョコクリームを詰めたシュークリームとなっている。チョコクリームはヘルシーな豆乳クリームに、銅釜で炊いた自家製ベルギーチョコのペーストと、同じく、銅釜を使って丁寧に炊いたシリーズ専用カスタードを加え、コク深い味わいに仕立てた。糖質量を10g以下にしながらも、口に入れるとチョコの豊かな味わいがとろりとなめらか広がる。白いシュー生地は、黄身の白い卵と卵白を加え、ふんわりとしたやさしい食感でなめらかなクリームとマッチする。

 このシリーズは、一般社団法人食・楽・健康協会の山田悟代表理事が提唱する「緩やかな糖質制限(ロカボ)」に基づき商品を企画。砂糖、小麦粉と合わせて、砂糖に比べ血糖値があがりにくい糖質(エリスリトール(ぶどう糖から発酵して作られるもの。糖アルコールに分類されるもので、果物やキノコ、ワイン、清酒、醤油、味噌などにも含まれる。一般にカロリーゼロと考えられている。砂糖に比べ血糖値があがりにくい))や小麦ブランなどを使用し、糖質量10g以下にしたスイーツとなっている。

[小売価格]151円(沖縄のみ 189円)(税込) [発売日]2020月1月4日(土)

モンテール=https://www.monteur.co.jp/


このページの先頭へ