菓子・ドリンク

明治、新容器を採用した「明治おいしい牛乳」(450ml)を中国・四国・九州地区で先行発売

2019.12.10 20:46 更新

 明治は、牛乳類市場トップシェアである「明治おいしい牛乳」ブランドから、牛乳の新鮮なおいしさが長持ちする新容器を採用した「明治おいしい牛乳」(450ml)を来年1月14日から中国・四国・九州地区で先行して発売する。

 近年、その健康価値やおいしさが改めて注目され、減少傾向であった牛乳類市場は微増傾向にあるとのこと。また、少人数世帯が増加する中、「牛乳を新鮮なうちに飲み切りたい」「飲み切れずに捨てるのがもったいない」という理由から、牛乳を購入する際に、中容量(400ml~500ml)を選ぶ消費者が一定数いることが同社調査によって分かったという。

 そこで同社は、“新鮮な生乳のおいしさ”を家庭まで届けること”をコンセプトとし、おいしさや包装設計までこだわった「明治おいしい牛乳」ブランドから、“新鮮こだわりパック”を採用した「明治おいしい牛乳」(450ml)を発売する。“新鮮こだわりパック”は、遮光性に優れ、容器に牛乳を満量充填することで中身が空気と直接触れにくいため、新鮮な生乳のおいしさが長持ちするとのこと。また、“かんたんワンステップキャップ”付きで、開封後もリキャップ可能なため、新鮮な生乳の香りをキープできる。

 同商品の発売を通じて、消費者の満足度向上を目指すとともに、新規顧客の獲得と市場活性化を図っていく考え。

[発売日]2020年1月14日(火)

明治=https://www.meiji.co.jp/


このページの先頭へ