菓子・ドリンク

モンテール、ロカボスイーツ「スイーツプラン」シリーズから「糖質を考えたふわもちプチシュー・レアチーズ」を期間限定で発売

2019.09.19 19:30 更新

 洋生菓子を製造・販売するモンテールは、緩やかな糖質制限(ロカボ)で提唱される、糖質量10g以下(エリスリトールを除いた糖質量(分析値))のロカボスイーツ「スイーツプラン」シリーズから、ふんわりとした食感のシュークリーム「糖質を考えたふわもちプチシュー・レアチーズ」を、スーパーにおいて10月1日から来年1月3日の期間限定で発売する。

 近年、健康を訴求したスイーツやお菓子が多数発売されている。モンテールでは2015年9月から糖質を考えた「スイーツプラン」シリーズを発売し、しっかりとした甘みと食べ応えが楽しめると好評とのこと。食欲の高まる秋に糖質が気になる人はもちろん、「食べ過ぎた」という時でもスイーツが楽しめるよう新商品を展開する。

 今回発売する「糖質を考えたふわもちプチシュー・レアチーズ」は、ふんわりとしたシュー生地に、豆乳クリームを加えた、なめらかなレアチーズクリームを詰めたシュークリームとなっている。クリームは、健康や美容を気にする人から人気のあるヘルシーな豆乳のクリームを、クリームチーズとサワ―クリームに合わせた特製のレアチーズクリームで、さらに銅釜で炊いたシリーズ専用のカスタードを加えてコク深い味わいに仕立てた。レモンを程良くきかせる事で、チーズや豆乳の風味が引き立ち、コク深いクリームが口に入れるとさわやかに広がる。クリームに合うよう、白いシュー生地は、黄身の白い卵に合わせて卵白を加え、ふんわりとしたやさしい食感が楽しめる。

 また、6cm程(個体差がある)のコロンとしたかわいらしい卵型のシュークリームは糖質量が1個約2.1g(エリスリトールを除いた糖質量(分析値))で、一日の食事に合わせて糖質量が調整しやすいよう1袋4個入りにした。

 このシリーズは、一般社団法人食・楽・健康協会の山田悟代表理事が提唱する「緩やかな糖質制限(ロカボ)」に基づき商品を企画。砂糖、小麦粉と合わせて、砂糖に比べ血糖値があがりにくい糖質(エリスリトール:ぶどう糖から発酵して作られるもの。糖アルコールに分類されるもので、果物やキノコ、ワイン、清酒、醤油、味噌などにも含まれる。一般にカロリーゼロと考えられている。砂糖に比べ血糖値があがりにくい)や小麦ブランなどを使用し、糖質量10g以下にしたスイーツとなっている。

[小売価格]151円(税込)
[発売日]10月1日(火)

モンテール=https://www.monteur.co.jp/


このページの先頭へ