菓子・ドリンク

コカ・コーラシステム、エナジードリンク「リアルゴールド ドラゴンブースト」を発売

2019.09.09 18:44 更新

 コカ・コーラシステムは、エナジードリンクブランド「リアルゴールド」から、内側からのパワーと持続力のブーストをサポートする新しいエナジードリンク「リアルゴールド ドラゴンブースト」を10月7日から、発売する。

 「リアルゴールド ドラゴンブースト」は定番のエナジードリンク成分に加え、厳選した6種の東洋素材を配合した、これまでにない新しいタイプのエナジードリンクとのこと。

 エナジードリンク市場における主要飲用者層は20~40代男性であり、これまでは20代男性層が市場の拡大を牽引してきた。昨年は購入金額ベースで20代男性の伸長率を30~40代男性が上回り、市場の拡大に貢献している(インテージ SCI調べ 2018年1月~12月)。

 また、同社の調査などから、30代を境に、体力の衰えを徐々に感じはじめるようになり、瞬時に表面的にパワーを引き上げるのではなく、潜在的に、“内側からのパワーと持続”を求めていることも判明している。

 「リアルゴールド ドラゴンブースト」は、パワーをアップするための「東洋の知恵」を活用した新しいエナジードリンクとなっている。「内側からのパワーと持続力のブースト」をコンセプトとし、定番のエナジー成分であるカフェイン、アルギニン、ビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6)、ローヤルゼリーに、厳選した6種の東洋素材を配合したとのこと。東洋素材の選定では、漢方薬局の薬日本堂の協力を仰ぎ、3種の人参(高麗人参、紅参、シベリア人参)、リュウガン、クコ、霊芝といった6種の東洋素材の抽出エキスを配合している。

 こだわりの味わいは、エナジードリンクらしいミックスベリーフレーバーをベースに、東洋素材のフレーバーなどをアクセントとしてバランスよくミックスしている。

 ネーミングは、東洋とパワーの象徴である「ドラゴン」に、パワーが引き上げられ、みなぎるさまを表す「ブースト」を組み合わせ、内側からパワーをみなぎらせてくれるという意味を込めている。

 パッケージデザインは、東洋とパワーの象徴であるドラゴンをアイコンとし、エネルギーを感じさせる赤、機能感を感じさせる白とシルバーのカラーリングを使用しているとのこと。さらにエナジーチャージを表すサンダーを大胆に配置し、スタイリッシュでパワフルなデザインを目指した。
[小売価格]185円(税別)
[発売日]10月7日(月)

日本コカ・コーラ=https://www.cocacola.co.jp/


このページの先頭へ