菓子・ドリンク

生活クラブ、ふんわり柔らかな優しい味の中華風カステラ「マーラーカオ」を発売

2019.09.09 17:59 更新

 生活クラブ生協連合会(以下、生活クラブ)は、冷凍保管でき、常温で戻してそのまま食べられる「マーラーカオ」を9月から開始する。

 「マーラーカオ(馬拉米羔)」は、中華風カステラともいわれている蒸しパンで、中国語でマレーシアを意味する「馬拉」と蒸し菓子を意味する「米羔」の意味とのこと。ふんわりとした食感に加えて、甘くて優しいしっとりとしたコクのある風味が特徴となっている。もともとは、横浜などの中華街の店舗で販売されていたが、近年ではクリームチーズや抹茶を加えたものやトッピングにひと工夫してヨーグルトを添えてアレンジなどもあるという。

 生活クラブの「マーラーカオ」は、冷凍保管ができ、賞味期限は180日とのこと。常温で3時間程度解凍するだけで美味しく食べられるため、普段使い以外にも災害時や停電時などライフラインが不通の場合の非常食としても役立つという。

 マーラーカオは、ふんわり柔らかい食感と優しい美味しさで、子どもから年配の人まで幅広い年代の人に親しまれやすい蒸しパンとのこと。忙しい朝の朝食やホッと一息つきたい時のおやつにもぴったりとなっている。

[小売価格]500円(税別)
[発売日]9月

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会=https://www.seikatsuclub.coop/about/coop/


このページの先頭へ