菓子・ドリンク

森永製菓、安納芋と和栗を使った商品「小枝<安納芋>」など発売

2019.08.14 17:57 更新

 森永製菓は、収穫の秋に合わせて、8月20日から全国で安納芋と和栗を使った商品を発売する。お馴染みの「和栗ケーキ」「エンゼルパイ<和栗>」に加えて、今年は新たに「小枝<安納芋>」「ミニエンゼルパイ<安納芋のスイートポテト>」「安納芋キャラメル」の3品のラインアップを加えた5つの商品を期間限定で発売する。

 9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」。「栗の節句」とも言われ、古くから秋の収穫を祝って栗を食べる習慣があるという。森永製菓では2011年秋から栗の味わいを楽しんでもらおうと商品を発売してきた。また最近では、晩夏の頃に芋栗フェアとして店頭が賑わっており、秋の味覚である芋味のお菓子の人気も高いことから「小枝<安納芋>」「ミニエンゼルパイ<安納芋のスイートポテト>」「安納芋キャラメル」を新発売する。森永製菓の主力商品で芋栗のお菓子をラインアップし、ますます秋の店頭を盛り上げていく考え。

 五節句のひとつ重陽(ちょうよう)の節句とは、中国の重日思想から発した祭日で、特に奇数は縁起の良い陽の数とされ、九月九日は一番大きな奇数(陽)が重なった、最もめでたいとされる日と考えられてきた。江戸時代には「五節句」として1月7日(七草粥)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)を5つの祭日とした。なお、「重陽の節句」は栗を使った料理を食べ、収穫を感謝する風習があることから「栗の節句」ともいわれている。

[小売価格]
安納芋キャラメル:オープン価格
ミニエンゼルパイ<安納芋のスイートポテト>:194円
小枝<安納芋>:194円
和栗ケーキ:オープン価格
エンゼルパイ<和栗>:オープン価格
(すべて税込)
[発売日]8月20日(火)

森永製菓=https://www.morinaga.co.jp/


このページの先頭へ