菓子・ドリンク

柿安本店、和菓子業態「口福堂」「柿次郎」で季節限定「秋芋どら焼」を発売

2019.08.09 19:38 更新

 明治4年(1871年)牛鍋店として創業以来、140余年の歴史を誇る老舗、柿安本店(以下、柿安)の和菓子業態「口福堂」「柿次郎」は、8月16日から、人気のどら焼シリーズの新作となる季節限定「秋芋どら焼」を販売する。

 「秋芋どら焼」の餡は、白餡をベースにしたさつま芋の餡に、クリームを入れて軽やかな口当たりに仕上げている。さらに、カットしたさつま芋を練り込むことで、素朴でやさしい甘みと食感を楽しめる。皮には紫芋パウダーを練り込み、ふんわり焼き上げ、鮮やかな紫色に仕上げることで、芋クリーム餡との色合いのコントラストが美しい、見た目にもこだわった一品となっている。

 日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶との相性も良く、自宅用のおやつ、手土産や差し入れとして幅広い世代に楽しんでもらえる季節限定商品となっている。

 口福堂は、2005年11月に開業した柿安本店の和菓子業態。古くから日本の家庭で親しまれてきた「おはぎ」や「団子」「大福」など、昔ながらの製法を大切に季節に合った和菓子を提供している。量販店やショッピングモールなどに出店し、家庭で気軽に楽しむ和菓子として好評とのこと。現在全国で約200店舗を展開している。

[小売価格]162円(税込)
[発売日]8月16日(金)

柿安本店=http://www.kakiyasuhonten.co.jp/


このページの先頭へ