菓子・ドリンク

サントリーワイン、フランスワイン「メゾン カステル AOCシリーズ」6種を発売

2019.08.14 18:23 更新

 サントリーワインインターナショナルは、フランスワイン「メゾン カステル AOCシリーズ」6種を10月1日から発売する。

 「メゾン カステル」は、フランスNo.1の販売数量(IMPACT DATABANK 2019, World's Top 10 Wine Marketers(世界での販売数量データ))を誇るカステル社が手掛ける、フルーティな味わいとやさしい飲み口が特長のフランスワインとなっている。

 なかでも、AOCシリーズは、厳選されたぶどうと伝統的なワインづくりにこだわり、産地の魅力を最大限に引き出したワインだとか。タンニンと酸味のバランスが取れたやわらかい味わいは、フランスをはじめ多くの国で高い評価を得ているという。

 今回、フランスのさまざまなワイン産地の味わいを楽しめる「メゾン カステル AOCシリーズ」6種を新発売し、フランスワイン市場の活性化を図る考え。

 「メゾン カステル メドック 2018」は、カシスやブルーベリー、コーヒーのような香りが特長とのこと。豊かな果実味、まろやかで熟した酸味とタンニンが感じられる赤ワインとなっている。

 「メゾン カステル コート デュ ローヌ 2018」は、プラムやイチジクのような香りが感じられる。まろやかな果実味、ゆったりとした酸味とタンニンが特長の赤ワインだという。

 「メゾン カステル ラングドック 2017」は、ブラックチェリーのジャムのような甘酸っぱい香りが特長とのこと。なめらかな果実の味わいと、フレッシュな酸味が感じられる赤ワインとなっている。

 「メゾン カステル トゥーレーヌ 2018」は、白桃やグレープフルーツのような香りが感じられる。はじけるような柑橘系果実の味わいと、力強い酸味が特長の辛口の白ワインとのこと。

 「メゾン カステル ミュスカデ セーヴル エ メーヌ 2017」は、レモンやりんごのような爽やかな香りが特長となっている。果実そのものの味わいや、フレッシュな酸味が感じられる、辛口の白ワインという。

 「メゾン カステル ロゼ ダンジュ 2018」は、いちごのコンポートのような、甘い果実の香りが感じられるとのこと。フレッシュな果実感とハリのある酸味が特長の、軽やかな味わいのロゼワインとなっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月1日(火)

サントリーワインインターナショナル=https://www.suntory.co.jp/


このページの先頭へ