菓子・ドリンク

メルシャン、「フロンテラ プレミアム スパークリング」(375ml)を発売

2019.08.09 19:29 更新

 メルシャンは、チリNo.1(INTELVID-Chile 2018)ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社の「フロンテラ プレミアム」シリーズから、ハーフボトルの「フロンテラ プレミアム スパークリング」(375ml)(2種)を9月17日から発売する。

 昨年のスパークリングワインの日本への輸入数量は、2014年比で約1割増(出典:財務省関税局調べによる「スパークリングワイン」の数量推移)と堅調に推移している。また、チリからのスパークリングワインの輸入数量については、2014年比で約5割増(出典:財務省関税局調べによる「スパークリングワイン」の数量推移)と大幅に伸長している。

 一方で、同社調査からは、スパークリングワインが「飲みきれない」「価格が高い」といった不満があることが分かった。そこで、同社は「フロンテラ プレミアム」シリーズから、手頃な価格で飲みきりサイズの「フロンテラ プレミアム スパークリング」(375ml)を発売する。

 今回、手軽に購入できる飲みきりサイズの商品を発売し、消費者のニーズに合わせた品揃えを強化することで、新たな需要を喚起し、間口の拡大とさらなるワイン市場の活性化を図る考え。

 「フロンテラ プレミアム」シリーズについては、チリNo.1ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社が、ブドウの収穫方法や醸造方法にこだわって造った、ワンランク上の「フロンテラ プレミアム」となっている。

 スパークリングは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツや、フレッシュな酸とミネラルのニュアンスを感じる、すっきりとした辛口の味わいとのこと。750mlサイズでは、味わいが評価され、「第6回 サクラアワード 2019」で金賞を受賞した。

 スパークリング ロゼは、チェリーや赤い果実やハーブのアロマといきいきとした酸を感じる、バランスのとれた辛口の味わいとなっている。

 パッケージについては、「フロンテラ プレミアム」シリーズの統一した黒色を基調としたラベルに、アンデス山脈のデザインやロゴをシルバーで表現し、高級感や品質感のあるデザインに仕上げた。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月17日(火)

メルシャン=https://www.kirin.co.jp/products/wine/


このページの先頭へ