菓子・ドリンク

サッポロ、「サッポロ生ビール黒ラベル『世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶』」を地域・数量限定発売

2019.07.16 15:31 更新

 サッポロビールは、サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶」を7月17日から数量限定で中国・四国エリア(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県)で販売する。

 この商品は、昨年7月に初めて発売したサッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶」の今年版とのこと。

 日本三景の一つで世界文化遺産の「厳島神社」を有するデザインとなっており、夏の夜、空高く色とりどりに上がる花火に照らされた厳島神社の真っ赤な鳥居と、その色とりどりの花火が映りこんだ瀬戸内海のおだやかな水面を大きく配置している。

 同社は、中国・四国エリアのビール好きの人々はもちろん、観光客の皆様にも「世界文化遺産を有する島・宮島」をよりいっそうPRするための取り組みを続けていく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]7月17日(水)

サッポロビール=https://www.sapporobeer.jp/


このページの先頭へ