菓子・ドリンク

東ハト、ローストピーナッツ入り「キャラメルコーン・香る3種の焙煎深みコーヒー味」を発売

2019.07.17 14:10 更新

 東ハトは、7月22日から「キャラメルコーン・香る3種の焙煎深みコーヒー味」を発売する。ふんわり、さくさくの「キャラメルコーン」に、ローストピーナッツ入りの新フレーバーが登場する。

 「キャラメルコーン・香る3種の焙煎深みコーヒー味」は、酸味と苦みのバランスが良い「ブラジル」、コクと苦みの「コロンビア」、強い酸味と上品な香りの「キリマンジャロ」の3種のコーヒーを使用したキャラメルコーンに、ローストピーナッツを入れた。ほろ苦い大人な味わいを楽しめる。

 「キャラメルコーン」のおいしさにかかせないのが、1971年(昭和46年)の発売当初から入っているローストピーナッツとのこと。ローストされたピーナッツの風味と塩気がキャラメルコーンに付着し、絶妙なおいしさが出来上がる。また、塩味のピーナッツを入れることで、甘いだけではない、良い塩梅を生み出している。

[小売価格]122円(税別)
[発売日]7月22日(月)

東ハト=https://www.tohato.jp/


このページの先頭へ