菓子・ドリンク

クラシエフーズ、知育菓子「ねるねるねるね」を改良発売

2019.05.31 18:44 更新

 クラシエフーズは、昭和の時代から子どもたちに人気のロングセラー知育菓子「ねるねるねるね」を、今までよりもっとふわふわとふくらむように改良した。また、小さな子どもにも、さらに作りやすいように容器の仕様を変更して、7月8日に全国のスーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで発売する。

 1986年の誕生以来、50種類を超えるさまざまな「ねるねるねるね」が発売されてきたが、今回、定番フレーバーのブドウ味とソーダ味に加え、子どもたちから再発売の要望も多かったコーラ味をラインアップした。

 同品は、粉と水を混ぜてねると色が変わってふくらむとのこと。今までより、もっと大きくふくらむようになった。水を入れるカップを改良して水を入れやすくし、持ちやすくすることで、初めてのお子さまにも作りやすくなった。トッピングもパワーアップ。ブドウ味には「キャンディチップ&星形トッピング」、ソーダ味には「ひんやりラムネ&カラフルラムネ」、コーラ味には「シュワシュワ&パチパチトッピング」が入っている。それぞれ違ったおいしさを楽しんでほしい考え。

[小売価格]120円(税別)
[発売日]7月8日(月)

クラシエフーズ=http://www.kracie.co.jp/


このページの先頭へ