菓子・ドリンク

アサヒ、「アサヒスーパードライ 鮮度実感パック」を完全予約受注制で発売

2019.04.15 20:36 更新

 アサヒビールは、製造後翌日に工場から出荷する「アサヒスーパードライ 鮮度パック」を4月26日、6月14日に、完全予約受注制で発売する(沖縄県を除く全国)。

 改元に伴う10連休取得の気運が高まる「ゴールデンウイーク」や「父の日」といった、ビール類需要の盛り上がりが期待される4月と6月に、製造後翌日に出荷する“さらにできたてのうまさ“を追求した”「アサヒスーパードライ 鮮度パック」を発売する。

 通常、製造後3日以内で出荷している「鮮度パック」を翌日出荷するため、製造工程における品質管理基準を高めるとともに、25年以上にも及ぶ“鮮度追求の挑戦”で蓄積してきた知見を活用し、出荷判定に要する時間を短縮した。

 「アサヒスーパードライ」は、1987年の発売以来“さらりとした飲み口、キレ味さえる、辛口の生ビール”をコンセプトに、あくなき品質向上に向けた挑戦を続けてきた。1993年には、“できたてのうまさ”をより多くの消費者に楽しんでもらうために「フレッシュマネジメント委員会」を発足し、製造後の工場出荷日数の短縮に取り組んできた。2005年には、「鮮度パック」を発売し、定期的に「できたてのうまさ」を店頭へ届ける仕組みを整え、多くの消費者から好評を得ているという。

 「アサヒスーパードライ」は、中長期のブランドスローガンを“THE JAPAN BRAND”と設定し、“最高品質の提供”と“飲用機会の拡大”を見据えた取り組みを強化している。今回、製造後翌日出荷する“究極の鮮度を追求した”「鮮度パック」の発売を通じて、ビール類市場の活性化を図る考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月26日(金)、6月14日(金)(完全予約受注制)

アサヒビール=https://www.asahibeer.co.jp/


このページの先頭へ