菓子・ドリンク

湖池屋、辛味スナック「スティックカラムーチョ 花椒旨だれ」を発売

2019.04.04 16:22 更新

 湖池屋は、1984年の発売から30年以上の歴史を重ねる、日本の辛味スナックのパイオニア「カラムーチョ」ブランドにおいて、昨年の6月に発売した「シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌」に続き、特徴のある香りとシビれる辛さで人気沸騰中の“花椒”を使用した、第2弾「スティックカラムーチョ 花椒旨だれ」を、4月15日から全国・全チャネルで発売する。

 昨今の辛味市場を賑わせている“花椒ブーム”だが、昨年、花椒を使用した激辛グルメや加工食品が話題となり、日本中が、初めて体験する「シビれる辛さ」の虜になった。花椒の魅力にすっかりはまってしまった人たちは、家庭料理でも味わいたいと、花椒パウダーといったスパイスそのものを購入するようになり、花椒の人気は今もなお、広がりを見せている。

 日本における辛味スナックのパイオニア「カラムーチョ」は、新たな辛味の刺激を求め、花椒を使用した「シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌」を発売したところ、多くの辛味ファンの人々から好評を得てきたという。今回は、花椒に合う“旨み”に着目し、刺激だけではなく、辛さの中にも旨さのある、進化系「カラムーチョ」×「花椒」を目指した。

 味噌、にんにく、しょうが、魚介風旨みを加えた甘辛だれに、チキンを絡めたような新たな“旨み”を作り出し、そこに主役である花椒を投入。これによって、花椒の華やかな香りとシビれる辛さを体感しつつ、甘辛だれに漬けたチキンのような旨みがしっかり感じられる、新しい旨辛な「カラムーチョ」が完成した。“旨み”と“辛味”の相乗効果が生み出す、新しい感覚のおいしさを、ぜひ堪能してほしいという。

 今後も、「カラムーチョ」は、おいしくて辛いポテトチップスのパイオニアとして、新しい辛さと旨さを追い求め続け、多くの消費者に、驚きと楽しさを提供するエンターテイメントなブランドとして進化していく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月15日(月)

湖池屋=https://koike-ya.com/


このページの先頭へ