菓子・ドリンク

サントリースピリッツ、ジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」を発売

2019.04.17 14:42 更新

 サントリースピリッツは、国産米100%のほのかな甘みが特長のジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」を4月23日から発売する。

 ジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」は、日本ならではの魅力を持ったウオツカをつくりたいという思いから、サントリースピリッツとビームサントリー社が互いの知見を活かし共同で開発した商品とのこと。ホワイトスピリッツとしては、ジャパニーズクラフトジン「ROKU」に続く共同開発商品となるという。昨年10月に米国で発売し好評を得ており、今回、日本でも発売する。

 国産米100%のほのかな甘みが特長のジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」を発売し、新たなカテゴリーを創造することで、ホワイトスピリッツ市場のさらなる活性化を図る考え。

 中味は、厳選した国産米を100%使用。異なる3種の蒸溜器で原料酒をつくりわけ、同社が開発した竹炭濾過技術で仕上げた。口当たりの柔らかさと、まろやかでほのかな甘さが特長となっている。

 パッケージは、白、黒を基調としたシンプルなデザインに、書家・荻野丹雪氏による「白」の墨文字を大きくあしらった。また、ボトル下部の曲線状カットで日本の自然が生み出す清流のきらめきを表現したという。

[小売価格]3000円(税別)
[発売日]4月23日(火)

サントリースピリッツ=https://www.suntory.co.jp/


このページの先頭へ